2024年7月19日(金)

午前アジ釣り アジ38尾(最大33cm )

久しぶりのアジ釣りです。今日は朝から南風がそよそよしていて楽だったです。朝のうちはポツポツ程度の当たりでしたが、型は比較的大きいのが多かったです。9時近くなってくると、入れ喰い状態になりました。型は少し小ぶりになりましたが、コマセ一振りですぐに当たりが出てきました。今日は付け餌に青イソメと赤タンの併用で釣りました。赤タンだけでもいいのですが、やはり青イソメを付けていると喰いがいいような気がします。青イソメは長さは3〜4cmにしておくといいでしょう。

時折、1kg前後の大サバが回遊してきています。このサバが喰うと、ハリス1.5号では少し厳しいかもしれません。しかし、アジはハリスが細い方が喰いはいいです。

これからの釣りは暑さに対していい加減な気持ちではいけません。飲み物をたくさん用意しておくのはもちろんですが、日除けの帽子、サングラスや手拭いなどを用意しておくのも大事です。

Instagram tadakuni744

2024年7月9日(火)

タチウオ釣り  タチウオ9本

久しぶりにタチウオ釣りに行きました。天秤だけでやりました。朝のうちは2海堡南40m立ちでやりました。また、当たりも頻繁にありました。掛けられるかそうでないかは腕次第でしょうね。でも、竿の動きを大きくしてやる方が当たりは出たみたいです。毎回のシャクリを合わせるくらいに大きく強くしてやった方がいいような気がしました。最初のうちはハリス7号の天秤仕掛けでやっていて、二度ほど切られたので、ハリス12号の通しに変えました。それからでも当たりは続いていたので、あまりハリスは関係ないみたいです。10時くらいになって走水沖へ行きました。当たりは頻繁ではなかったですが、ポツポツと当たりました。今日は南風がかなり強かったので、暑さはそれほど感じませんでした。でも、飲み物はたくさん持っていった方がいいです。

ハゼさんの釣ったタチウオは1m超えでした。

Instagram tadakuni744

2024年7月3日(水)

午前アジ釣り  アジ30尾(最大32cm )

朝の釣り始めからずっといい喰いでした。アジの型も25cmから30cm前後が多かったです。30尾釣って打ち止めにしました。あまりたくさん釣っても帰ってからが大変ですから。

しかし、アジの喰い方は秋口のようにはいきません。針掛かりするまでに少し時間が掛かります。当たりが来てからすぐにリールを巻き始めるのではなく、少し待って完全に針掛かりするのを確認してからリールを巻き始めるようにしましょう。掛かった時には多分ダブルで掛かっていると思いますが、上げてくると1匹外れてしまっているか2匹ともバレてしまっているということもありました。

コマセの撒き方に注意してください。チョロチョロと少しずつコマセを出すような撒き方では型のいいアジはなかなか喰ってきてくれません。

コマセを撒く時には狭い範囲でいいですから、濃いコマセが出るような撒き方をします。チョロチョロと少しずつしか撒かないようなやり方では中アジ以上のアジでは喰ってきてくれませんよ。底に着いてからチョロチョロとコマセを撒きながら仕掛けを上げてくるような釣り方ではなかなか喰ってきてくれません。このようなコマセの撒き方は海底が砂地で平坦なところでのコマセの撒き方です。本牧沖では岩場ですのでコマセの撒き方が違います。このようなことをしていると、海底に根掛かりしてしまうかカサゴが先に喰ってきてしまいます。仕掛けが底に着いてタルミを取ったらすぐに2m持ち上げます。レンタルリールなら4回巻きます。ここで狭い範囲でいいですから2回ほど強めに竿を振ってコマセを出します。片手ではしっかりと竿を振れません。そうしたら1m仕掛けを持ち上げて待ちます。これは撒いたコマセの煙幕の中に自分の仕掛けを入れてやるために1m持ち上げるのです。

3m仕掛けを持ち上げたら、そのまま30秒ほど何もしないで待ちます。潮の流れ方にもよりますが、せっかくコマセの煙幕を作っても10秒か20秒すれば消えてしまいます。潮が流れているからです。ですから、待っても30秒です。当たりがあればそれでいいですが、なければ再度底まで仕掛けを下ろしてタナを取り直します。今日はタナの取り直しもしないか一回タナを取り直したくらいですぐに当たりがありました。何度も取り直す必要はないくらいいい喰いでした。ただし、今の時期は産卵を終えてすぐなのでまだガツガツという喰いにはなっていません。針掛かりまで少し時間が掛かるので掛かったなと思ってすぐにリールを巻き始めるとバレてしまうことがよくあります。

今日は慣れている方は50尾以上釣っていました。釣りをしていて面白いのでついつい後のことを考えないで釣ってしまうと、釣った魚の処理が大変です。そこのところをよく考えて釣りをするようにした方がいいですよ。

Instagram tadakuni744

2024年6月26日(水)

午前アジ釣り アジ20尾(最大33cm )

いい凪でのアジ釣りです。下げ潮が動き始めてから当たりが出てきました。早い時間の方が型が大きかったです。ほとんどが25cm前後の中アジです。当たりがあってからすぐにリールを巻き始めると針掛かりしない時があります。十分に喰わせてからリールを巻き始めるようにしてください。いきなり当たってひったくるような感じが出てくるのは8月に入ってからです。

アジの産卵がどのような時期にどのように行われるかはアジの大でさにも関係してくるのもと思われます。今日釣ったアジは中型が多かったですが、お腹が卵でいっぱいというような感じではなかったです。

コマセをしっかりと出してアジに喰わせてやらないと針に掛かってもバレてしまうことが多いです。

Instagram tadakuni744

2024年6月22日(土)

午前アジ釣り船 中乗り

いい凪で釣りができました。朝のうちは喰いが悪かったですが、9時くらいになってから俄然喰いは良くなってきました。しかも、魚の型がよく25cmから30cmくらいが多かったです。本牧沖は海底が岩礁地帯です。海底が平坦ではありません。底に着けてそのままにしておいたり、少ししか持ち上げないでいると底に根掛かりしたり、カサゴが喰ってきたりしてしまいます。船長から「タナは3m」と言われたら、底に着いてタルミを取ったらすぐに2m持ち上げます。底に着いて糸が弛んでいるときにリールを巻いても、下から持ち上げたことにはなりません。必ずたるみを取ってからリールを4回(レンタル竿のリールで)巻いてください。レンタル竿のリールは1回転50cm巻き上げます。2m持ち上げたところで、コマセを降り出します。それから、更に2回リールを巻きます。1m持ち上げるということです。船長の言うタナは3mと言うのはこうゆうことです。底が岩礁地帯ということは平坦ではないということです。底から3m持ち上げたとしても、少し動けば深さが変わっているかもしれません。ですから、30秒に一回はタナを撮り直すのです。一度コマせを振ったからといっても、いつまでもコマセが残っているわけではありません。潮が流れていれば、すぐにせっかく作ったコマセの煙幕も消えてなくなってしまいます。

本牧沖ではコマセの振り方は底からチョロチョロ出してくるような釣り方はしません。必ず、さっさと2m持ち上げてからそこでコマセを振ります。

Instagram tadakuni744

2024年6月17日(月)

午前シロギス釣り   シロギス34尾

朝からいい凪で釣りができたのですが、潮が動かず苦戦しました。でも、何とか30尾以上釣ることが出来ました。8時くらいから上げ潮になると予想していましたが、時間が来ても潮が動きませんでした。8時過ぎてからポツポツと当たり始めました。こういう日は仕掛けを沖めに投げられる胴付き仕掛け2本針が有効です。胴付き仕掛けのハリスは少なくても40cmは欲しいです。短いハリスでは喰いが悪いです。

仕掛けを沖めに投げていれば、かなりの確率で上の針に掛かることが多いです。シロギス釣りは潮の流れが速い方が喰いはいいのですが、しっかりと底立ちを取らないと当たりすら出ないことが多いのです。オモリをズルズルと引き摺っているようではなかなかシロギスは口を使ってくれません。餌が動き過ぎるのです。潮の速い時に底立ちが取れない時には遠くへ仕掛けを投げるようなことはせず、真下に仕掛けを下ろしてゆっくりとオモリを上下させてやれば、シロギスは喰ってきます。仕掛けを真下に下ろしていても、潮で船は流れるので大丈夫なのです。底立ちが取れないでズルズルとオモリを引き摺ってしまうのが一番ダメなパターンです。

Instagram tadakuni744

2024年6月11日(火)

午前アジ釣り アジ24尾(最大38cm )、カサゴ2尾

朝のうちは上からタナを指定されて釣りました。指定されたタナより1m下げてコマセを振り、そして1m上げて待つ。底に着けなくてもいいので、釣り方としては楽でした。どこをやってもポツポツと出ます、そして型もかなり大きい。でも、入れ掛かりにはなりませんでした。久しぶりに35cmを超えるアジを掛けると、びっくりするくらいの引きです。これはクッションゴムがないと怖いですね。付け餌は青イソメは欠かせません。特に大きいのを狙う方には必須です。それとクッションゴムもmustです。

まだ喰いは浅いので、じっくりと喰わせてからリールを巻き始めるようにした方がいいです。

Instagram tadakuni744

2024年6月9日(日)

午前アジ釣り 中乗り

昨日に引き続き中乗りです。連日、型のいいアジが釣れ始めてきました。アジの群れが底からかなり上に居るようで、底に着けてからチョンチョンとコマセを振りながら上げてくるような釣り方では喰ってきてくれません。底に着けてからタルミを取り、それからすぐに2mないし3m持ち上げてコマセを振り、それから1m持ち上げて待つような釣り方がベストです。

Instagram tadakuni744

2024年5月22日(水)

午前アジ釣り アジ35尾(最大32cm )

朝行ってすぐの時間と帰り間際にいい型のアジが喰いました。黒鯛も入っていました。しかし、アジの喰い方がゆっくりなので、すぐにリールを巻き始めると針に掛かっていなかったりしています。当たりがあってもじっくりと喰わせてからリールを巻き始めるようにした方がいいです。それと、青イソメは付けていた方が大きいアジを釣るには有効です。アジも30cmくらいになると、かなりの引きです。クッションゴムが付いていないと怖いです。潮の速い時には仕掛けを投入した後の底立ちをしっかりとしないと仕掛けが底から持ち上がってきません。タルミを取ることをおろそかにしないでください。

Instagram tadakuni744

2024年5月19日(日)

午前アジ釣り中乗り

今日は中乗りで船に乗っていました。昨日も乗っていました。アジの喰いは昨日の方がよかったです。今日はアジの喰いが散発で入れ喰いタイムがありませんでした。

小ぶりのアジが入れ喰いだった少し前と比べて、型が大きくなってきました。コマセを適当に撒けば釣れていた時とは違って、しっかりと濃いコマセを適切なタナで撒かないとアジは釣れてきてくれませんでした。

Instagram tadakuni744