2020年1月13日(月)

ダイワ 両軸リール ミリオネアとミリオネア・バサラ

ダイワの代表的な両軸リールにミリオネアとミリオネア・バサラがあります。元々はミリオネアだけでしたが、これにバサラが加わりました。値段はミリオネア100シリーズで定価36,300円で、バサラは44,300円です。ちょっとバサラの方が高い。

バサラは元々のミリオネアを進化させたものという謳い文句で、皆さん誰もがこちらの方がいいと認めるとダイワは思っているのでしょう。最近、バサラも自分で整備する機会が何回かあり、元々のミリオネアとバサラ双方の整備面からの違いを述べたいと思います。

ダイワが謳っているマグシールドなるものとはどういうものなのか? と皆さん疑問を持たれる方も多いと思います。私はこの機構はいいものと思っていますが、それだけでは塩ガミや汚れは防げません。マグシールドしてある部分はいいのですが、その他の部分には相変わらず塩ガミや汚れは付いています。それにマグシールドのベアリングはダイワに整備を出さないと交換してもらえません。しかも、高いです。ダイワの方が一年に一回は整備に出しなさいと推奨していますが、これって囲い込みではないのでしょうか?

ついこの間、整備依頼を受けたバサラは ドラッグ不良・リール逆回転・メカニカルブレーキ不良ということで私のところに来ました。開けてみると、すごい塩ガミと汚れでした。マグシールドベアリング以外の箇所をきれいにしてグリスアップしたら元に戻りました。交換したのは通常のベアリング一個でした。私にはマグシールドなんて謳い文句だけで実際の効果は疑問に思えます。

古いミリオネアの修理を時々受け付けますが、そのリール固有の部品を交換しなければならないというケースは稀です。殆どがベアリング の交換とグリスアップだけで動くようになります。ミリオネアにしてもバサラにしても基本性能がいいのです。

では、どちらが塩ガミや汚れに対して強いのでしょうか?これは外側カバーの作りを見るとよくわかります。

上の写真二枚は元々のミリオネアのものです。下の写真はバサラのものです。

元のミリオネアには右側カバーにネジが露出していません。左側カバーを開けてからしか右側カバーの円周部分を取り外すことができない構造になっています。バサラの場合は六角レンチで開けなければいけないのですが、右側カバーのネジを緩めてすぐに開けることができます。この構造を見比べるだけでも海水侵入の対策の違いがわかると思います。これでもまだ海水はリール内部に侵入してきます。スプールの回転部分の縁からの海水の侵入は防ぎようがありません。私が言いたいのはマグシールドだけでは海水侵入対策としては不十分だということです。むしろない方が整備のしやすさからしたらいいのではと思っています。

2020年1月2日(木)

新年明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。

卵の黄身と白身それにエビのそぼろが上に乗ったバラ寿司です。

かなりの年代物のABUリールです。当然動いていませんでしたが、塩がみと汚れを落とせば使えるようになりました。部品交換の必要は無し。もし、あっても部品は手に入りませんが。。。

Instagram   tadakuni744 でも見られます。

2019年12月30日(月)

この釣り日誌をご覧いただいている皆さんへ

今年もこの釣り日誌をご覧いただきありがとうございました。来年も同じように出来るだけ毎日釣り関連のニュースをお届け出来るよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。

このところ、不具合が生じたリールについて、メーカーでの修理を断られた方が何とか治らないかという問い合わせがとても多く、条件付きで引き受けています。製造中止後6年経ったリールについては以前はお断りしておりましたが、中を開けてみてから判断することにしました。そのリールの固有の部品が必要な場合でしたら、部品供給を受けることができないので如何ともし難いです。ですが、そうでないケースもあります。ボールベアリングを換えさえすればまだまだ使えるとか、サビや汚れが酷くて動かなくなったケースなど、部品を換えなくても治る場合があるからです。

次はタチウオの仕掛けについてです。   先日、タチウオ釣りに行った際にビニールチューブを針のチモトに付けた仕掛けを作ってみました。チューブを付けているなんてそんなの皆さんは当たり前にやっているでしょうが、私はそのチューブにシュリンクチューブを使いました。

チューブを針に被せてから、その被せた部分をライターなどで炙ります。そうすると、チューブが縮まり、チューブが動かなくなります。先日これを使ったところ、15本釣ってもハリス切れはありませんでした。15本釣ったところで針が折れてしまいましたが。。。チューブの長さは少なくとも6cmは取ること。朝の喰いのいい時には有効かと思います。喰いの渋い時には今までのようにパイプ無しの外掛け結びをした針を使っています。その時の状況を見て使いこなした方がいいと思います。ちなみにこの針のサイズは3/0です。

Instagram   tadakuni744    でも見られます。

2019年12月22日(日)

両軸リールのトラブル2題

上の写真はミリオネアのハンドルシャフトがあり、その左側に白く見えるところがクラッチカムです。下の写真はそれらを取り去った後のものです。ハンドルシャフトを取り去った根本には破壊したボールベアリングの外側の部分がまだ残っています。クラッチカムの下側に入っていたボールベアリングを取り出しましたが、これも外側が残ったままです。ボールベアリング を新しいのに替えようとしても、破壊したベアリングの外側ケースが残ったままでは入れ替えることはできません。クラッチカムボールベアリングは反対側から押せば何とか取り去ることはできますが、ハンドルシャフトの根本のボールベアリングは反対側から押せないので、なかなか取れません。こうなる前に修理に出してくれるといいのですが。。。。

この二枚の写真はライトゲームICVのクラッチを入れる機構の一部です。上部のキックレバー右側部分が削れてしまっているのがわかるでしょうか? 写真下部のラチェット(爪)がキックレバーに当たって、そのキックレバーが動き、クラッチを入れるのですが、度重なる使用で削れてしまい、ラチェットの爪がキックレバーにうまく掛からなくなってしまっています。この部品自体の値段は300円とか400円で安いのですが、キックレバーを取り替えるのにはかなりの手間が掛かります。材質をステンレスとかに変えてくれると長持ちすると思うのですが。。。。。

2019年10月1日(火)

午前アジ釣り   アジ48尾(最大38cm)

いつまでこんな爆喰いが続くのでしょうか?朝からずっと喰いっぱなしでした。途中パタッと喰いが止まってしまうのは青モノが回ってくるからではないでしょうか?

コマセを振ってから更にもう1m持ち上げて待つというイメージです。殆ど最初のひと振りで喰って来てしまいます。また、釣れるのも幅広の黄アジばかりです。

10キロ近いブリ。船長が釣りました。そろそろ私もやってみることにします。

Instagram    tadakuni744     でも見られます。

 

2019年5月21日(火)

クーラーに入れる氷

乗船する前に氷をもらいますね。その氷はビニール袋に入っています。どうしてだかわかりますか? それは真水を魚に触れさせないようにするためです。

そもそも釣った魚を冷やすのには氷だけでは冷えません。氷が海水を冷やし、その冷えた海水が魚を冷やします。海水は魚がひたひたに浸かるくらいで結構です。もし、海水でなく真水を入れると、浸透圧の関係で魚がブヨブヨになってしまいます。気をつけましょう。氷はビニール袋に入れてあるので、溶けても真水は染み出しません。

2019年5月8日(水)

午前シロギス釣り   シロギス23尾、イシモチ1尾 まぐれで大サバ1尾

2週間近く自分の釣りはしていませんで、久しぶりの釣りでした。朝のうちはいい凪でした。しかし、釣り始めると仕掛けを上げるたびにアカクラゲの破片がくっついてきてしまい、取るのに苦労しました。アカクラゲのかけらを取るのに時間が取られてしまい、もどかしい釣りでした。10時近くなってやっと消えました。アカクラゲさえいなければ40尾くらいは楽に釣れたと思います。

アカクラゲ対策として、胴付き仕掛けをシングルにした方が良さそうです。針一本の方が取るのに早く取れます。

2019年5月4日(土)

潮の速い時のタナの取り方について

このところ、連日お手伝いでアジ船に乗っています。慣れない方達の指導を行なっていますが、潮の速い時には皆さん苦労されているようです。

まず、仕掛けを下ろすときには必ず左親指をスプールに当てておくことが大事です。道糸の出るに任せておくと底に着いたのも見逃してしまいます。親指の腹でスプールを押さえ少しブレーキをかけて下ろすようにしてください。底に着いたらのを見逃すといくらでも糸は出て行ってしまいます。底に着いたのがわからずにまだ糸が出て行くのならば、一度巻き戻し再度仕掛けを下ろすようにしてください。糸の出るがままにしておくと、必ずと言っていいほど他の方とオマツリします。