2019年8月19日(月)

午前タチウオ釣り   タチウオ12本

今日の釣り場は富津前の15mダチでした。朝のうちは底から5mくらいのタナで喰いがありました。浅いから当たりはっきりしているかと思いきや、かなり小さいです。当たった数の三分の一釣ることができればいいのですが、そうは行きません。辛抱強く誘い続ければいいのですが。。。

Instagram     tadakuni744   も見てください。

2019年8月18日(日)

午前アジ船  中乗り

今日もお手伝いで乗っておりました。昨日とはうってかわって行ってすぐから入れ喰い状態が続きました。型は小ぶりでしたが、コマセを撒いても撒かなくても釣れておりました。こういう時は仕掛けさえ下ろせば釣れてしまいます。通常ならしっかりとコマセを撒かなければ当たりが出ないのに、今日はコマセを振ろうが振るまいが釣れてしまいました。9時前には釣る方で50尾超えでした。釣らない方でも20尾は釣っていたと思います。

9時過ぎてから、ちょっと大きいアジを釣ろうとして本牧沖堤の外側へ行きましたが、潮が速くてなかなか釣れませんでした。もう一艘の船では慣れた方はずっと釣っていたようですから、魚が居ないわけではなかったようです。

Instagram    tadakuni744   もチェックお願いします。

2019年8月17日(土)

午前アジ釣り 中乗り

朝のうちはまだ風が強い状態が続いていました。すぐには喰いはなかったです。外からの黒潮が入ってきたようで、水温が冷えてしまったようです。でも、少ししてから喰いが出てきました。魚が水温に馴染んでくれば釣れてくることでしょう。

風が吹いているので涼しいですが、日差しが強いので飲み物を十分に用意して行ってください。

2019年8月15日(木)

午前シロギス釣り   シロギス41尾

台風の影響が懸念されましたが、東京湾では大したことはありませんした。雨もなく殆どが曇り空で南風がそよそよ程度で気持ちよかったです。

シロギスの喰いはとてもよかったです。早々と30尾ほど釣ってしまったので、もうこれで十分と思いタコ釣りを始めました。1時間以上ねばってみましたが、乗りはなかったです。それから帰りまで30分ほどまたシロギス釣りを始めました。仕掛けを投入するとすぐに当たりが出てくるようでした。聞き合わせの時には少し強めに竿を持ち上げた方がいいと思います。潮の速い時には道糸が更けて湾曲しており、竿を軽く持ち上げただけではオモリが持ち上がらないことがあります。ただ単にに竿を持ち上げただけでは合わせになっていません。1mほど竿を持ち上げたつもりなのにオモリがすぐに着いてしまうという時は潮の流れなどで湾曲したタルミを取っているだけで殆どオモリが持ち上がっていないからです。対策としては細い道糸を使うしかありません。私の道糸は0.6号です。

Instagram    tadakuni744   でもみられます。

2019年8月14日(水)

二枚潮の場合の注意点

二枚潮とは表層と下層の潮の流れの速さが違うことを言います。その時点での潮時ではそれほど潮が動いていないと思われる時、表層だけすごく速い時があります。いわゆる『上ッ潮が速い』と漁師言葉があります。こういう現象は川に流れ込んだ雨が徐々に海に流れ出してくる量が多い時に見られます。昨日のタチウオ釣りで走水沖を釣っている時にこういう現象がありました。表層の速い潮の幅はたかだか数メートルです。

こういう時に仕掛けを降ろす時リールをフリーにして糸が出るままにしておくと、水面上の糸は殆ど横になるほどの斜めになることがあります。こういう時には10mほど糸が出て行ったら親指でリールのスプールを抑えて糸の出を止めてください。しばらく抑えておくと斜めになっていた糸が立ってきます。そうしたらまたリールをフリーにすると後は通常に戻ります。

糸の出をそのままに放っておくと、仕掛けが底に着いたのがわからないことがあります。注意深くしていると底にトンと着いた感触がありますが、それを見逃すと底なしと思えるほど糸を出しすぎてしまいます。それと同船している他の方とのオマツリの原因を作ってしまうことになります。サミング(糸の出を親指でコントロールすること)は大事ですよ!

ライトアジ釣りでは浅いところを釣るのであまりこういうことはありませんが、オモリが軽い分ちょっとした二枚潮でも起こり得ます。それとアジ釣りでは船長はできるだけ船を動かさないように操船します。潮に乗せて流すようなことはしません。

2019年8月13日(火)

午前タチウオ釣り   タチウオ15本

朝のうち、前回釣ったタチウオの尻尾の部分をエサにしようと思い塩漬けにしたのを使ってみました。結果はハズレ。エサが柔らかいので一度当たっただけですぐにクチャクチャになってしまいました。

やはり硬いコノシロの方が良さそうです。今日は上げ潮になってからの方が喰いがよかったです。私は相変わらずバラシの連続でしたが、お隣の小野さんは絶好調で30本でした。帰り間際には鬼のように釣っていました。

私の近くの方が釣ったハモ。珍しい外道です。長さは1m以上ありました。

Instagram   tadakuni744   もチェックしてください。

2019年8月12日(月)

リール修理2

自分がアジ釣り用に使っているミリオネア100が不調になりました。リールを巻き上げる時に重く感じるようになったのです。前回のジリオン100の時もそうでしたが、ベアリング以外の部品は破損していません。今回のミリオネア100はハンドルシャフトだけでなく、全体的に塩ガミしていました。右側側面の表側にはギアエリアを開けるビスは見当たりません。左側をまず開けてスプールを抜いてからでないと右側のカバーが開けられないようになっています。

塩ガミや油汚れがあるものの、ボールベアリング以外の部品は腐食したり壊れてしまっていたりしているものはありません。さすが、ミリオネアです。

Instagram     tadakuni744

2019年8月10日(土)

午前アジ釣り  中乗り

お手伝いで乗ってました。朝行ってすぐにはあたりはなかったです。潮の変わり目だからか潮が全く効いていないようでした。あちこち探りながら転々として、1時間ほどしてから喰いが出てきました。型はいいのですが、バタバタという喰い方はなかったです。コマセを底からしっかりと離して濃いコマセを撒いている方は釣っていました。今日は釣る方とそうでない方の差がはっきりと出てしまいました。コマセを底から蒔いてくるような釣り方をしている方には当たりはあまりなかったようです。アジが喰う前にカサゴが喰ってしまったり根掛かりしてしまうからです。本牧沖の海底は人工的に作った岩場です。こういう場所では底からコマセを出しながら誘ってくる釣り方では通用しません。一度タナをしっかり取ったからと言ってそのままではダメです。30秒ほどしたら底に落としてタナを取り直さなければ当たりは出ません。底の上がり下がりが険しいからです。こういう場所だからこそ、いい型のアジが生息しているのです。小ぶりのアジが引っ込んでしまったのかあまり釣れません。コマセワークをしっかりすれば、30cm前後のいい型の幅広アジが釣れます。今日はこのアジを25尾釣っていた方もおりました。

朝の出がけです。涼しい感じです。横浜港を出ると南風がそよそよ吹いていました。

Instagram  tadakuni744

2019年8月8日(木)

メインギアシャフト底部のボールベアリング破損(ダイワ TDジリオンPEスペシャル100H)

5日月曜日のタチウオ釣行で魚が掛かってリールを巻き上げている途中でゴリゴリ音がし出したのでもう一つのシマノカルカッタ800Fに替えました。今日、分解してみたところ、メインギアシャフトの底部に入っているボールベアリングが完全に破損してしまっていました。

上の写真がシャフト底部に取り付けてあったベアリングの破損状態を示しています。完全に破損してしまっており、ベアリング外側のケースがくっついてしまっており、取り去るのに苦労しました。

2枚目の写真はシャフトを取り付ける穴を示しています。

サビに強いベアリングを使用しているのでしょうが、回転を滑らかにするべきベアリングが破損すると、逆に破片が引っかかってしまい回転を阻害するようになってしまいます。釣り道具屋さんを経由してメーカーにベアリングを頼むとかなり高いものについてしまうので、モノタロウから買うことにします。純正でなければすぐダメになってしまうと言われそうですが、サビに強いと言われているベアリングが動かなくなるどころか破損してしまうのでは、メーカーばかりを信用するわけには行きません。

Instagram  tadakuni744   にも載せています。

 

 

2019年8月5日(月)

午前タチウオ釣り    タチウオ21本

観音崎沖へ行きました。朝のうちに釣れたタチウオは小さいのが多かったです。今日は適度な潮の流れで釣りやすかったですね。底まで80mの場所で60m前後で当たりが出ていましたが、徐々に浅い場所で喰うようになり、帰りがけには45m前後で当たることが多かったです。魚の型も帰り間際での喰いでは大きいのがかなり入りました。二本連続して切られた時には悔しかったです。当たってから合わせを入れる、この時に竿が止まり徐々に引き込まれる時にはこの釣りの醍醐味を確信します。

小野さんは24本です。

Instagram   tadakuni744   でも見られます。