2018年12月19日(水)

午前アジ釣り   アジ21尾

朝行ってすぐは潮が止まりかけていたので当たりなし。上げ潮が来てからポツポツと喰い出しました。しかし、活発な喰いはありません。竿先にもたれるような小さな当たりが多いです。いわゆる居喰いです。喰い気があまりないのです。この時にそっと竿先を持ち上げるようにしてやると針に掛かります。その後は今までと同じです。やはり水温が下がってくると、このような喰い方になるのは致し方ないです。竿は硬めの穂先だと離してしまうことが多いので柔らかめの穂先の竿がお勧めです。ハリスも細めの方が喰い出しは早いです。また、青イソメを使っている方のほうが当たりは多かったですね。

喰い方が静かなので針掛かりさせるのはかなり難しいですが、一方ではいい面もあります。アジが捕食する時に居喰いするので、くわえた針をまっすぐに立たせることができるからです。そっと竿を立てることにより、横になっているかもしれない針が立ち、アジの上顎に針が刺さるのです。アジの口の中で硬い箇所は上顎だけですので、がっちり刺さればバレることが少なくなります。

2018年12月18日(火)

午前タチウオ釣り   タチウオ5本

朝の本牧沖で大型が喰いましたが、私には当たりませんでした。走水沖へ走りました。すぐに当たりはあるものの、なかなか針掛かりせず。自分の腕が悪いからでしょうが、イライラするくらい難しかったです。最初の当たりがとにかく小さいです。小さい当たりを見逃す事なく、時間が掛かっても針掛かりさせなければいけません。この辺が上手い人と下手な人の差なのでしょうね。

2018年12月16日(日)

午前タチウオ釣り   タチウオ6本(最大1m05)

朝出てすぐに本牧沖で釣りました。すぐに当たっても針がかりせず。すぐに次を入れるとすかさず当たりがあって合わせると、動かない!場所が浅いのですごい引きです。やっと上げてくると指5本超の大型でした。皆さんにも当たりがあって1本から3本ほど釣った後は当たりが遠のき、走水沖へ走りました。

走水沖では行ってすぐには順調ですぐに4本釣り足しました。しかし、その後は当たりがあるものの、針掛かりせずイライラしました。なにせ、最初の当たりが小さいです。

自分の誘い方でうまく釣れる事もあるし、そうでない時もあります。いつでも釣れるといいのですが、なかなかそうは行きません。帰り間際に1本足して終わりました。針掛かりしなくなると、どうやってもダメです。

2018年12月11日(火)

午前タチウオ釣り

久しぶりにタチウオ釣りです。朝一番で本牧沖へ行きました。でも、当たりなし。丁度潮止まり時間に当たっていたので、本当に居ないから喰わないのかはわかりませんでした。

走水沖へ走りました。底まで70mくらいのところで65m近辺で当たりがありました。でも、当たりが小さくなかなかうまく掛けられません。夏場のようなガツガツした感じはありませんね。当たってもすぐに離してしまいます。リズムに乗っている方はうまく針掛かりさせていますが、そうでない人はカリカリしているだけです。

電動でやっている方はあまり釣っていませんでしたので、電動の方が楽だとも言えません。私は手巻きのリール竿で釣りましたが、それほど巻くのを大変だとは思いませんでした。早く巻き上げると喰いが悪いように感じました。

2018年12月6日(木)

アジ竿の修理

アジ釣りに使っている竿の一本の穂先が折れてしまいました。何本か持っている自作の竿ですが、車に積み込む時に穂先を折ってしまいました。とても柔らかい竿でコマセを振るのは大変ですが、魚を掛けてからはとても面白く多用してました。

トップガイドから3cmくらいのところです。裂け目のないところまでカットしてトップガイドを付け直しました。

糸を巻いた部分に漆を塗って、それを乾かしてからコーティングに入ります。

このところ水温が下がってきたので、アジの喰い方も少し変わってきています。いきなり喰うというよりもしばらくくわえてから針掛かりするというようになってきています。この時に竿の穂先が硬いとアジが餌をくわえても離してしまうことがあります。こういう時には柔らかい穂先を使った方がいいと思います。でも、あまりにも柔らかいとコマセを振る時に支障が出ます。


2018年12月4日8日(火)

午前アジ釣り   アジ27尾

今日もアジ釣りに行きました。予報では早くから風が吹いてくるようなこと言っていましたが午前中は無風でした。行ってすぐには喰いませんでしたが、喰いが立ってくるとバタバタと釣れ出しました。それもいい型のアジばかり。

底からしっかりと2m持ち上げて濃いコマセを撒いてあげればすぐに当たりが出ました。コマセを撒いてから更に1m持ち上げるのは言うまでもありません。

久しぶりに自分が写っている写真をお友達に撮ってもらいました。

幅広のいいアジです。

 


2018年12月3日(月)

午前アジ釣り   アジ20尾、サバ2本

久しぶりの自分のアジ釣りです。今日は型がそろっていました。30cmくらいから35cmくらいの幅広アジです。掛かってからの引きはとても強いです。ですが、水が澄んでいるので細いハリスの方が喰いはいいような気がしました。ハリス1.5号だとクッションゴムを付けないとちょっと怖いです。メチャクチャな喰いでしたらハリスはあまり関係してきませんが、ポツポツの喰いでしたら圧倒的に細いハリスが有利です。

秋口のような引ったくる感じの喰い方ではなくなってきています。竿も硬めの穂先だと喰い込みにちょっと影響があるかもしれません。柔らかめの穂先で胴のしっかりした竿がお薦めです。

切られるのを承知でハリス1.2号で釣っている方もおられます。やはり喰い出しは早いです。細ハリスでのやり取りはスリルがあって面白いですね。

まだ、アオモノが廻っているようでいい喰いをしていても突然パッタリ当たりが止まってしまうことがありました。途中アオリイカのエギングで遊んでいましたのでアジの数は伸びませんでした。

私の使っている竿は Daiwa Leading Thrill Game 73MH195 です。

クッションゴムの緑のストッパーが下の方へ寄ってしまっています。こういう時はゴムを引っ張ると細くなるので、指でつまんで真ん中へ戻します。


2018年11月28日(水)

スミイカ釣り   スミイカ2杯

いい天気で凪だったですが、私にはあまり釣れませんでした。潮があまり動かなかったのが言い訳です。釣っている方は7杯も8杯も釣っているのですから、言い訳も言えませんね。ただ、自分がヘタだったからです。但し、乗ってくるイカは大きいです。私の横におられた橋本先生は1キロ超のカミナリ紋甲イカを釣っておられました。私がタモを入れましたので間違いありません。持ち上げたら自分の重さで身切れしてしまいます。私も釣りたかったですが、私のエギには乗りませんでした。潮が大きければもう少し乗りがいいでしょう。シャクった時にガツンと掛かる感じは何とも言えませんね。

今日の午前アジ船では大きいアジがかなり釣れたようです。


2018年11月25日(日)

午前アジ釣り 中乗り

金曜・土曜そして今日三日間中乗りでお手伝いです。金曜日はちょっと北東の風が強く波が立ち釣りにくかったですが、昨日今日はいい日並みでした。波が立つといいポイントに入れず又は入っても波が高くてやっていられないことがあります。

うまくいいポイントに入れる時にはいい喰いをします。一つの場所で長く釣れる時もありますし、すぐに喰いが終わってしまう時もあります。最近は潮が澄んできています。こうなると、どうしても細いハリスの方が喰いはいいです。メチャクチャに喰いが立っている時にはハリスの太さなんか気にすることはありませんが、ポツポツとした喰い方ですとどうしても細いハリスの方に先に当たりが出ます。

ビシオモリを底からしっかりと2mほど持ち上げてコマセを振らないと当たりは出ません。リール一巻き50cmだから底に着いたら4回巻けばいいのだろうと思っている方が多いです。タルミを取らないでリールを4回巻いても底から持ち上がったことにはなりません。ここのところを注意してください。タルミが取れたか取れないかがわからない方はオモリをちょっと持ち上げて静かに下ろしてみると、「トンッ」という感じで底に着いた瞬間を竿先で感じることができます。ここから4回巻くことで2m持ち上げたことになります。ここで初めてコマセを撒きます。ストロークはそれほど大きくなくていいから強くです。コマセを振った後にリールを二回巻く(1m持ち上げる)のは振ったコマセの煙幕の中に自分の仕掛けの針を入れるためです。この後はただ静かに待つだけです。やたらに竿を振ってコマセを出すようなことはしません。30秒ほど待って当たりが出なければ、底に落としてタナを取り直します。

仕掛けをやたら長くしている方はビシによるアジ釣りを理解しているとは思えません。オキアミ使用のコマセマダイ釣りと同じだと思っている方がいるとしたら大きな間違いです。アジ釣りの場合はコマセに近い方が喰いはいいです。魚が大きくても同じです。ですから、長いクッションゴムを付けている方はその分だけ喰いが遠のくと思ってください。二本針のアジ仕掛けのどちらに当たりが出るのか?これは圧倒的に上の針です。理由はコマセカゴに近いからです。アジの型が40cmオーバーになっても同じです。アジの仕掛けは長くて2mです。それ以上長くするとコマセの効果を期待できません。コマセは少しずつチョロチョロ撒くようなことはしません。濃いコマセを撒くことが型のいいアジを釣るコツです。タナを取った直後だけコマセを強く振るということを守っていれば、四回ほどはできます。

細いハリスの仕掛けは質のいいものを使うことを勧めます。