2021年4月19日(月)

タイラバの仕掛けについて

昔ながらのエビをつけて釣る中オモリ式のタイ釣りばかりを長年やって来た者にとってはこのタイラバで釣る釣り方は最初はかなりとっつきにくいモノでした。こんなゴムの擬似餌でタイが喰うのか不思議でなりません。今まで、ちょっとは真似事みたいにやってみましたが、頭の中ではこんなものと思い違いをしていました。年寄りは昔の常識からなかなか離れることができないのです。しかし、このところ3回ほどタイラバ釣りに行って、ほんの少しですがタイラバ釣りの面白さがわかって来ました。

タイラバ釣りは潮の速い場所でしか釣れません。潮の速い場所で釣りをするのだということを念頭に入れて竿からリールなどの仕掛けを用意すべきです。ですが、全てそれ用に新しくすることは必要ありません。一番気をつけて欲しいのは道糸です。道糸は通常1号以下を使います。0.6号など細い方が糸フケの出にくい細い糸がいいですが、強度が問題です。ライトアジ釣りに使っている道糸は通常PE2号ですが、これでもなんとか大丈夫だと思います。ですが、糸がフケるのを考えて、重いヘッドを使った方がいいです。釣り場の深さが60m前後ですので、通常使う90gか100gのヘッドではかなり糸がフケてしまします。潮が速くて狂っている時には60mまで下ろすのに70mか80m出さないと底に着かないということもあります。もしかしたら、底に着いたのを認識できないかもしれません。こういう時にはヘッドを120gか150gにした方がいいです。

釣り方としてはラバージグを底に着けてからゆっくりと巻き上げてきます。当たりが出るのは底から2、3mで10m以上上げてしまうともう喰わないと思いますが、擬似餌ですので、一度魚の視界から隠すという意味で少なくとも10mは持ち上げた方がいいと思っています。仕掛けを下ろすときもストンと落としてしまうのではなく、ゆっくりとスプールを抑えながら下ろした方がいいことがわかりました。

あとはラバージグの種類を選びます。通常では黄色系統のスカートにオレンジのネクタイを付けます。潮が澄んでいる時にはグリーンがいいと言われています。

潮の速さや狂い加減でヘッドの重さを変えます。

潮が速くても素直な時には電動リールのズルまきでもいいです。私は道糸1.5号に電動リールのズル巻き8〜10くらいのスピードでやっています。潮が狂っている時には手巻きのリールで道糸1号でヘッドは重めを付けています。底に着いたのが分からなくて、底をズルズルと引きずっているようだとまず喰いません。

前回では二本ある針に青イソメをそれぞれちょん掛けにして釣っていました。これが良かったのか、当たりは10回以上はありました。当たりがあってもなかなか掛かりませんが。。。

Instagram tadakuni744

2021年4月17日(土)

午前アジ船中乗り

どんよりとした曇り空でした。アジの喰いは活発と言えるほどではなく、しっかりと振らないと釣れないような状態でした。ですから、コマセをチョロチョロと撒いているような方や一度撒いただけでそのままじっと待っているような方には喰って来てくれませんでした。

 

型の良いサバも釣れてきました。

Instagram tadakuni744

2021年4月16日(金)

タイラバ   真鯛3枚(1.2kg、1.0kg、0.9kg )

今日はこの前の月曜日よりも潮の動きが緩かったです。前回は潮の速い時に釣れなかったので、オモリを120gと150gのヘッドを購入して行きました。それと付け餌に青イソメを用意して行きました。下げ潮のうちはそれほど潮が狂ってはいませんでしたので、100gのヘッドで十分でした。青イソメを付けたからか、当たりが多かったです。今日は4枚掛けて3枚釣りました。針掛かりしない当たりは10回ほどはあったと思います。タイラバに慣れている方はピンクのワームを青イソメ替わりに付けています。何も付けないよりもいい感じがしました。現に、当たりの数が多かったですから。この釣りは潮の速いところを釣るので、道糸はできるだけ細い方がいいと思います。私は1号にしていますが、慣れている方は0.8号とか0.6号を使っている方もいます。潮の切り替わりの時には潮が狂うことが多いのでヘッドを重くするのはもちろんですが、道糸もできるだけ細い方がいいです。船長から、底まで70mと言われても90mくらい糸がでてしまうことがあります。あまりにも糸フケが酷かったら、一度上げて入れ直す方がいいと思います。この潮が狂っているような時ほどタイの活性がいいのです。

二本針にそれぞれ青イソメの長いのをちょん掛けにします。ヘッドは80号・100号・120号・150号と揃えておくと万全です。

Instagram tadakuni744

2021年4月12日(月)

タイラバ  真鯛1枚(1.4キロ)

久しぶりに真鯛を釣りました。タイラバなんて、これでタイが喰うような気がしないのですが、なんとか釣ることができました。他に当たりが何回かありましたが、焦ってしまい、針掛かりさせることができませんでした。単純な釣りですが、当たればいい魚です。機会があったら、やってみるといいと思います。

観音崎沖の潮のよく通る場所を釣ります。それも大潮を狙っての釣りですので、潮がまともには通りません。2枚潮・3枚潮と潮の流れの向きと速さが縦に重なっています。道糸は細いのでないと糸フケが出てしまって底に着いたのがわからずじまいになってしまいます。2号でも太いと思います。タイラバのヘッドも少なくとも100gはないと底ダチが取れません。今日は150gを使っている方によく当たりがあったようです。よく釣る方はオモリはいろいろな重さを取り揃えているようです。私は100gしか持っていなかったので、上げ潮になってから潮が狂っている時には底ダチが取れませんでした。潮が狂っている時の方がタイの喰いいいようです。

今日は8名で船中17枚釣れました。釣っていない方は底立ちがよく取れていなかったようです。

Instagram tadakuni744

2021年4月11日(日)

午前アジ釣り 中乗り

今日も午前アジ船に乗っておりました。昨日と違って、今日は朝一からいい喰いをしました。それに凪でしたから釣り易かったです。

レンタル竿で釣りをしていた方達には私が釣り方のアドバイスをしていましので、操作に慣れればすぐに皆さん釣れるようになっていました。却って、自分の竿で釣っている方達の中のベテランと思われる人の中には小ぶりのアジしか釣っていない方もいました。コマセの振り方が小ぶりのアジ用の振り方なので、大きなアジが喰ってきてくれないのがわかってくれないようです。いろいろなところで釣りをされているようですが、30cm〜35cmくらいの型のいいアジはしっかりとコマセを振らないと喰いません。濃いコマセの煙幕を作ってやらないと喰いません。チョロチョロとコマセを出しているようだと大型のアジはそのようなコマセには見向きもしません。小ぶりのアジがメチャクチャ多いのでしっかりとコマセを出さないと大きいのは釣れません。オキアミのタイ釣りとは全く釣り方が違うのです。ですから、ハリスの長いのも考えものです。アジは濃いコマセを出すとその中に突っ込んでくるので、却って短いハリスの方がいいのです。ハリスは長くても2mです。通常、二本針仕掛けを使うことが多いと思います。濃いコマセを蒔いた時にどちらの針に喰うかわかりますか?断然、上の針です。理由はコマセに近いからです。これは大きなアジでも同じです。ハリスが長い方が喰いがいいだろうと思うのは間違いです。

Instagram tadakuni744

2021年4月10日(土)

午前アジ船 中乗り

今日の午前アジ船は北東風が思ったよりも強く釣りにくかったです。本牧の沖堤では風に乗ってくる波と堤防に当たる波とが競合して波が立ってしまい、非常に釣りにくかったです。朝のうちは波の陰で釣りをしていましたが、型が小さいので結局外側に出てしまいました。波がある中で皆さん頑張って釣っておりましたが、船酔いされる方が出てきてしまい元に戻りました。風が少し収まってきたので、10時過ぎてから外側に戻りました。帰りまで短い時間でしたが、30cm前後のアジが釣れていました。

Instagram tadakuni744

2021年4月7日(水)

午前アジ釣り   アジ25尾、イシモチ2尾

いい凪でのんびりと釣りが出来ました。朝行ってすぐには下げ潮が止まりかけていて釣りやすく、いい型のアジが釣れていました。もっとも、私は慣れない方を教えていたので、自分の釣り始めは1時間ほど経ってからです。

アジ釣りでは船長はできるだけ同じ位置に船を止めておこうとします。ですから、潮が速い時には同じ位置に止めるとなると、潮に逆らって船を進めるような状態になってしまいます。あまりにも潮が速い時にはこうしていると、釣り人の道糸が斜めになってしまいます。釣り人の道糸が斜めになりすぎると他の釣り人と絡まってしまったりするので、そのような場合には潮の流れの緩い場所に行かざるを得ません。

潮の速い時にしっかりとタナを取れるようになりましょう。親指の腹をスプールに当てて仕掛けを下ろしていくと、底に着いた微かな感触を掴めます。これを見逃すといくらでも糸が出ていってしまいます。オモリは底に着いているのに道糸が潮の流れに押されてたわんだ状態になってしまいます。見逃していくらでも糸が出ていく状態を感じたら、一度全て糸を巻き取ってしまった方がいいと思います。

Instagram tadakuni744

2021年4月4日(日)

午前アジ船 中乗り

今日も中乗りです。朝のうちは南風がそよそよ程度でした。昨日は北風でしたので、一晩で陽気が変わりました。ということでしょうか、朝のうちは昨日ほどの喰いはありませんでした。ですが、パラパラと釣れてくるアジは30cmから35cmのアジばかりでした。昨日は小ぶりのアジも混じりましたが、今日は小ぶりはなし。場所替えして10時過ぎになってからバタバタと釣れ出しました。

今のアジはコマセをしっかりと撒かないと喰いません。自分で撒いたコマセをしっかりと食べさせてから針に掛けるとそれほどバレないものです。チョロチョロとコマセを撒いている方には型の良いアジはなかなか喰いつかないものです。狭い範囲で濃い目のコマセを撒くようにしてやるとすぐに喰ってきます。もし、すぐに喰わない時には20秒から30秒待ってからもう一度タナを取り直すようにしてください。

Instagram tadakuni744

2021年4月3日(土)

午前アジ船 中乗り

今日はお手伝いです。昨日は少し朝のうちは北東の風が吹いて波がありましたが、今日は凪でした。朝行ってすぐに型の良いアジがパタパタと釣れました。コマセをチョロチョロと撒いている方には小ぶりのアジが釣れ、しっかりと濃いコマセを撒いている方には30cmから35cmのアジが釣れてきていました。コマセの撒き方一つで釣れてくるアジが違います。

  

  Instagram tadakuni744

 

2021年4月2日(金)

午前アジ釣り アジ25尾、黒鯛1枚

シロギスに行こうと思って行きましたが、アジ船がが2船出るというので急遽アジ船に乗ってしまいました。アジの喰いは朝のうちはよかったです。私は慣れない方達を面倒見ていたので、いい喰いをしていた時には自分の竿は下ろしていませんでした。ただ仕掛けをおろしさえすれば喰ってくる秋とは違って今の時期はしっかりとコマセを振らないと喰ってきてくれません。仕掛けを沈めて底に着いてモタモタしていると根掛かりしてしまうか、カサゴを釣ってしまうかのどちらかです。アジを釣りたいのなら、すぐに2m持ち上げてからコマセを振るようにしましょう。1箇所で釣っていると、最初のうちはいい感じでいい型のアジが釣れていますが、コマセが効いてくると型が小さくなってしまうのが今日でした。釣れないよりはいいかもしれませんが、できたら型の良いアジを釣りたいものです。

自分で釣り始めてからは型の良いアジばかりではなくなりましたが、混じりで釣れていました。黒鯛も入りました。

 

Instagram tadakuni744