2019年8月4日(日)

午前アジ釣り 中乗り

昨日と同様に中乗りです。慣れない方達を教えるのですが、一度教えるとすぐに覚えてしまってどんどん釣れるようになってしまう方が多いです。今日も釣れる魚の型が大きいので、帰る間際まで皆さん夢中で釣っていました。レンタルの竿を使用している方達を面倒見ています。マイロッドの方達は私がどうこう言う必要もないと思って、基本的には声は掛けません。もし、他の人が釣っているのに自分には魚の当たりすらないという方は声を掛けてください。マイロッドの方は最初ではないでしょうから、基本的な釣り方は熟知しているはずです。ですが、船宿により釣り方の指導が違うこともあるでしょう。自分の釣り方では当たりが出ないと思いましたら、遠慮なく声を掛けてください。マイロッドの方達の釣り方を見ていると、コマセをやたら振りすぎる方を多く見かけます。またはオモリが底に着いたらすぐにコマセを振っている方などを見かけます。そういう釣り方は底が砂地での釣り方です。本牧方面では底が岩礁地帯が多いので、そういうことをやっているとなかなか大きなアジに巡り会えません。

大きいのを釣る方は餌に青イソメを使っている方が多いです。

Instagram   tadakuni744  でも見られます。

2019年8月3日(土)

午前アジ釣り 中乗り

今日は小ぶりのアジがあまり釣れませんでした。釣れれば型のいいアジがほとんどでした。アジも型が大きくなってくると、適当にコマセを撒いていれば釣れるという訳には行きません。底に着いたら仕掛けを2m持ち上げてコマセを振りそれから更に1m持ち上げて待っていなさいと教えてもその言われた方の受け止め方により違ってきますね。ビシオモリが底に着いてから2m(レンタル竿のリールなら4巻き)持ちあげるにしても、道糸が底に着いてまだ弛みが残っているのにリールを4回巻いても仕掛けがしっかりと2m持ち上がっているか疑問です。弛みをしっかりと取らないと底から持ち上がったことにはなりません。

底から2m持ち上げてからコマセを振るのですが、どのようなコマセの煙幕を作るかによってアジの喰いは違ってきます。周りにいるアジがコマセに気がついてその煙幕に向かって集まってくるかどうかが一つの鍵になります。チョロチョロと出るくらいのコマセの出し方ではまず気が付きません。出来るだけ濃い煙幕を作ってやると、周りにいるアジがそのコマセの煙幕に近寄ってきます。どうしたらアジが掛かるかを頭の中でイメージしてやり、それがうまく行ってすぐにアジが掛かるようになると面白くなります。

今日はアジの型がいつもより良かったです。南風が卓越して吹いているので水が澄んできています。いつもの場所よりも少し深い場所で当たりがよく出ました。こういう時にはハリスは細めの方がいいと思います。でも、魚が大きいと細め細めとばかり行っていられません。青イソメは水が濁っている時には有効ですが、澄んでいる時には赤タンと大差ありません。

2019年8月2日(金)

午前アジ釣り   アジ15尾、タコ1杯

アジ15尾の釣果というと大したことはないと思うでしょうが、自分が釣りをしたのが1時間足らずでしたのでこんなものです。朝行ってすぐの時には慣れない方の面倒を見ていました。この時に釣れていた魚はかなり大きいのが釣れていました。30cmから35cmのアジが多かったです。手返しのいい方で4、5尾釣っていました。少しして喰いが止まったので場所移動しました。次の場所では小型ながらほとんど入れ喰い状態でした。10時過ぎてから沖堤の外側へ行きました。帰りがけに30cm前後の金アジが入れ喰いになりました。無理やり沢山釣る必要などありませんが、黙々と釣れば50尾は超えるでしょうね。アジは20尾以下に抑えて釣れば、帰ってきてからが楽です。タコ道具を出して遊んでいることもできます。カニを付けて本格的にやってもいいし、タコエギでも釣れます。でも、タコをやる方はアジ釣りの方の邪魔にならないようにお願いします。

それほど大きくはないけれど、幅広の金アジが多いです。朝のうちは涼しくていいですね。南風がそよそよ吹いているので、船の上では暑いなんて感じません。

Instagram        tadakuni744      にも出ています。

2019年7月31日(水)

午前タチウオ釣り    タチウオ4本、大アジ1尾(40cm)

イヤー、タチウオ釣りは難しいです。前回と前々回14本ずつ釣れたので安心して行きましたが、今日は難しかったです。観音崎沖の80mダチで釣りましたが、手巻きでは難しかったです。潮が速くてとても難しかったです。当たりはあってもその時に針掛かりさせてしまうことができれば一番いいのですが、そうは行きませんでした。当たった時にはかなり強烈な当たりが来るのですが、その時に針掛かりさせられなければ、その後はなかなか喰いませんでした。潮が速いので一度見たエサをいつまでも追い回したりしないからなのか?

個々の当たりは強烈な当たりが多いです。ですが、一度で終わってしまうのでうまく針掛かりさせられません。今日は数はそれほど釣れませんでしたが、型は良かったです。私は釣りませんでしたが、メーター級が上がったのを何本か見ました。うまい方は釣っているんです。場所がちょっと深いので、電動リールを持っておられる方は使った方がいいです。80号負荷のオモリを背負って手巻きで当たりを取るのはかなりしんどいですね。潮の流れがなければいいのですが、速いとかなり重たくなります。

Instagram   tadakuni744   もチェックお願いします。

40cmくらいのアジが釣れました。大きいけど細長くて真っ黒の黒アジです。アジは本牧の金アジの方が断然いいですね。

2019年7月30日(火)

午前アジ釣り    アジ25尾(最大35cm),タコ1杯

アジ釣り久し振りでした。釣り上げて持って帰るのは25尾くらいでちょうどいいのです。もし、しっかりと釣っていれば50尾くらいはすぐに釣っているでしょうね。

上げ潮が来てから本牧沖堤でいい型のアジが釣れました。私は数匹釣ってタコ釣りを始めてしまいました。30cm超えているアジが掛かると最初の引き込みはすごいです! やはり、青イソメを付けている方が大きいのは喰いがいいようです。

Instagram   tadakuni744  も見てください。

2019年7月23日(火)

午前タチウオ釣り   タチウオ14本

釣ったタチウオの数は先週と同じでした。なかなか20本の大台には乗りません。朝行ってすぐは当たらず。下げ潮が出始めてから釣れ出しました。型が小さいのが多いので走水前へ移動。ここでは少し型のいいのが釣れました。水深50mから60mで底から5mないし15m上がったところでよく当たりました。前回よりはちょっと下目だったかなと思っています。当たってから、そっと待っているといなくなってしまうので当たってもそのままシャクリ続ける方が良かったです。とにかく、当たりがあるので面白いです。

Instagram   tadakuni744をチェックして下さい。

サカナを掛けてからバレてしまったので針を見たところ、なんと顎が取れてしまいました。

2019年7月22日(月)

午前アジ釣り   アジ30尾

本牧沖で相変わらずすごい喰いでした。9時頃には30尾になってしまいましたので、アジ釣りを止めてタコ釣りをしていました。でも、タコの乗りはなかったです。

25cmから30cm弱のアジですが、すこい引き込みです。場所も20m前後なので、硬い竿だとハネてしまいます。最初の引き込みの時のショックがすごいので、柔らかい竿だけでなく、クッションゴムも付けておいた方がいいと思います。

Instagram  tadakuni744も見てください。

すぐ近くをAsukaⅡが通っているのに霧で霞んでしまっています。

2019年7月19日(金)

タチウオ仕掛け

写真の針はダブルケン付きの2/0の針です。針元にカン(丸い輪)が付いていますが、わざわざそれに結ばずに外掛け結びにしています。理由は糸が針の結び目から上にまっすぐに伸びて行くからです。この時期はそれほど気にしなくても当たりは出るよと言ってしまえばそれまでです。あとは餌の付け方を間違えなければ、他の仕掛けよりも当たりは出ると思います。二つあるケンを効果的に使って餌が回転しないように付けることが大事です。

Instagram  tadakuni744

2019年7月17日(水)

午前シロギス釣り   シロギス43尾、カワハギ1枚、小鯛1枚、アジ2尾

今日はシロギス釣り。潮がよく流れていて喰いは良かったです。シロギスの型は大きいのもあり、小さいのも入りました。総じて、大きいのは上の針に来ることが多かったです。潮の流れが速いので真下でも喰いましたが、やはり少し投げた方が圧倒的に喰いはいいです。アカクラゲは全くと言っていいほど付きませんでした。大きいのが掛かると簡単にはリールを巻けないほどです。10時前に40尾を超えたので、あとはタコ釣りで遊んでいました。3回ほど乗りましたが、掛かったのは2回、うち一回は途中でバレ。釣ったのは1杯のみ。本牧のアジの場所ほど根がゴツゴツしていないので、タコエギの方がいいかも。

Instagram  tadakuni744  でもご覧になれます。

 

2019年7月16日(火)

午前タチウオ釣り   タチウオ14本

今期初のタチウオ釣りでした。型は小型が多いですが、当たりはメチャクチャありました。腕が伴っていないからでしょうか、なかなか針掛かりさせられず。朝のうちは当たりがあるだけで針に掛からず、他の方は釣っているのに、焦りました。下げ潮がすごく速く、自分はミヨシに居たものですから糸が横になってしまい後ろの方に迷惑を掛けるので、オモリを60号から80号に変えました。魚のタナは30mから40mくらいです。それからは当たりがあっても針掛かりするようになりました。潮が速いからか当たりがあっても一度では針掛かりしません。何度か当たっているうちに針掛かりするような感じでした。当たってすぐに合わせると掛からないし、かと言ってしばらく待っていると呑み込まれてハリス切れしてしまうし、うまくタイミングが合ってきたのは10時過ぎてからでした。しかし、当たりがあるので面白いです。針掛かりさせられなかったり、水面でバラしてしまってもとにかく楽しかったです。12本釣ったかなと思っていたら、帰って数えたら14本ありました。夢中で釣っているので、何本釣ったか忘れてしまっていたのです。殆ど小型ですが、時々大きいのも入ります。1m級は水面で持ち上げる時に落ちてしまいました。悔しいです。。。

Instagram  tadakuni744 もチェックしてください。

つくづく思うのは、俺は下手なんだと!!でも、なかなか思うように釣れないのがいいのですね。