2020年3月7日(土)

午前アジ釣り  中乗り

二艘出た午前アジ船の一艘にお手伝いで乗っていきました。行ってすぐに当たりがあり順調に釣れていたのですが、北東の風で波があり釣りにくいようなので本牧沖堤の南側に移動しました。下げ潮が止まりちょっと当たりが止まる時間もありましたが、上げ潮が効いてくると俄然喰いだしました。コマセの一振りですぐに当たりが出るようになって来ました。例年のこの時期では30cm以上のアジなど顔を出さないのですが、今年はアジが居残っているようで条件が良ければ楽しめます。外道に3キロくらいのタコが釣れました。

Instagram  tadakuni744   でもご覧になれます。

2020年3月6日(金)

午前アジ釣り   アジ43尾

今日は朝から入れ喰い状態でした。それに釣り始めに釣れてきたアジは大きかったです。30cm超のアジが仕掛けが底に着いてコマセを振る間もなく喰って来ていました。1時間弱ほど釣れ続いてから、少し当たりが収まりました。それからはしっかりとコマセを振らないと喰って来ませんでした。仕掛けは細いほうが喰いはいいです。それに青イソメを付けていたほうが喰いは良かったです。

当たりはいきなり持ち込んだり、そのまま居喰いしていたりとまちまちです。当たっているとわかったら、そっと竿先を持ち上げる操作をしてやると針が上顎に入るのでバレが少ないです。

Instagram  tadakuni744     でも見られます。

2020年3月3日(火)

午前タチウオ釣り   タチウオ5本

横須賀沖60mダチです。朝のうちは喰いが渋かったです。ガツガツ喰うような状況ではなく、いつもの横須賀沖での喰い方ですね。潮が流れず、喰いが浅いので合わせどころがない状況でした。10過ぎてから少し喰いが良くなりました。もう少し潮が流れていれば、喰ってくるだろうなと思いました。東京湾のタチウオ船が全船集まって来ている感じです。

Instagram  tadakuni744  でも見られます。

 

2020年3月1日(日)

午前シロギス釣り   シロギス22尾

朝行ってすぐは喰いが渋かったです。潮の動きが緩く喰い方が浅い感じがしました。当たっているようでいても針には掛からないので、針を流線袖から競技用ヒネリの9号に替えてみました。これが良かったのか、それからは掛かるようになりました。私は最初から胴付き2本針で釣っていましたが、天秤仕掛けでやっている方のほうが朝のうちは釣れていました。潮がないのでいまいち活性がなかったように感じました。餌を動かさないでそっとしておくと喰いませんので、オモリを動かさないようにして糸を張ったり緩めたりしてツンツンと動作を入れておりました。こうしたほうが良かったようです。10時過ぎてから、シロギスも20尾以上釣ったので、エギでイカは乗らないかとためしにシャクっておりましたが、当たりはありませんでした。

Instagram   tadakuni744  でも見られます。

2020年2月27日(木)

リールの整備

上の写真はシロギス釣りに使っていて、少し仕掛けをキャストした時にバックラッシュしてスプールの外側に糸が巻きついてしまったものです。右側カバーにスプールの軸の延長線上にあるツマミ(メカニカル ブレーキ ノブ)を緩め過ぎたために糸の出以上にスプールが回転してしまったために起きる現象 バックラッシュが原因です。ですが、締め過ぎると糸がすんなりと出ていきません。その加減を誤るとこんなことになります。それ以外の内部には不具合はありませんでした。

船でのシロギス釣りにはほとんどの方がスピニングを使っていますが、私も両軸リールを使っています。理由は投げる操作が簡単だからです。クラッチを押さえながら片手で投げられるのでとても使いやすいです。このメカニカルブレーキノブの調整だけをしっかりとやっておけば、問題なく使えるからです。

Instagram  tadakuni744   でも見られます。

2020年2月26日(水)

アジチョビーオリーブオイルオイル漬けに

仕込んでから二ヶ月以上経ったので、塩漬けから出して洗った後にオリーブオイルに漬けました。これであと二週間ほどで食べられるようになります。

市販のイワシのアンチョビと比べてみるとよくわかりますが、臭みがなくてすっきりとしています。それもそのはず、三枚に下ろしたアジの身を皮も骨も全て取り去ったものだけを塩に漬けているからです。臓物なども全て取り去ってあります。すっきりとして、パスタにも使えますね。

取り出す直前のボトルの中身。かなり量が少なくなっています。上に貯まっている水は魚醤です。

オリーブオイルを満たし、赤唐辛子とローリエの葉を入れて蓋をします。これで二週間もすれば食べられます。

Instagram   tadakuni744    でも見られます。

 

2020年2月25日(火)

午前シロギス釣り   シロギス47尾、ゴマイカ1杯

今日もいい凪で釣りができました。朝のうちはちょっと渋かったですが、潮が流れてくるといい喰いになりました。喰いが良くなってくると、上の針にも飛びつくようになります。今日は10尾程度は上の針に喰って来ていました。

やはりこの時期は水温が低いということもあって、飛びつくような当たりは少ないです。胴付き仕掛けの場合では、オモリは動かさないでハリスの部分だけを動かしてやると喰ってくることが多いです。餌がそっとしておくと動かないので、ツンツンと糸を張ってやることにより、餌を動かしてやるくらいの少しの動きで十分です。

シロギスの仕掛けにゴマイカが引っ掛かって来ました。かなり重かったです。

Instagram  tadakuni744  でも見られます。

2020年2月22日(土)

午前アジ釣り   アジ45尾(最大35cm)

今日は孫の涼くんを連れての釣りです。風が出るような予報でしたが、朝のうちはナギでした。南西風が強まって来たのは10時近くなってからです。

朝のうちからいい喰いをしていました。ただ、居食いをしているので、エサを咥えているなと思ったら、竿先をそっと持ち上げてやると針掛かりします。竿先をそっと持ち上げることにより針が立つので上顎に針が入ることが多いです。ですから、バレが少ないということになります。勝手に針掛かりしたアジはどこに針が刺さっているか分からないので、バレが多いのです。

水が澄んでいるので、できるだけハリスは細い方が最初の喰いつきはいいです。私は最初、2号でやっていましたが、すぐには喰わないので1.2号ハリスに換えました。そうしたら、コマセを振ってすぐに当たりが出始めました。ただ、大きいのが掛かるとハリス切れが心配です。

9時過ぎてからはもう予定数を釣ってしまったので、アジの泳がせでヒラメを狙っていました。一度当たったようですが、餌を取られてしまっただけです。

当たりがあった時に竿先をそっと持ち上げてやると上顎に針が入ります。

Instagram   tadakuni744  でも見られます。

2020年2月17日(月)

竿作り

自分がアジ釣りに使っている穂先の柔らかいグラスソリッドの竿をお友達にも使ってもらおうと思い、作り始めました。

まず、グラスソリッドを購入しました。穂先径1.2mm・元径7mm・長さ1.5mのものです。それと、リールなどを取り付ける竿の元部分いわゆるバットが必要になります。7mmのグラスソリッド元部分がきっちり入るのを探し出してきます。釣道具屋さんでは単品で売っています。私は打木屋に釣りに来られた方で竿を折ってしまい、そのまま放って置かれた竿をもらって来て再利用してます。でも、自分が作ろうとしている竿の元の部分がぴったり合うのはなかなかありません。あとは自分でグラスソリッドの元の部分を削ったり、バットの部分も削ったりしてうまく合わせます。この時に役に立つのが、祖父が遺してくれたいろいろな種類・形のヤスリです。

祖父の時代では竹竿が主流でしたが、素材がグラスやカーボンになった今でも使えます。

最初はグラスの元がバットに全く入りませんでしたが、両方を削って何とか入れることができました。

グラスの元はバットの中に10cm入れてあります。ボンドを付けて差し込んだところです。

私も昔は極鋭などを買いまくりましたが、今は自分で作れるものは何でも自分で作ろうと思い始めました。釣りの仕掛けはもとより、チドリ天秤まで自分で作っています。リールの修理は人のリールを頼まれれば直します。請け負うのは手巻きリールだけですが、自分のは電動でも直します。

今週はこの竿を仕上げようと思っています。それと自分のリールの整備も貯まっています。頼まれた人のリールを先にやっているものですから、自分のが後回しになっています。

こんなことをやっている時が一番楽しいですね!  Instagram tadakuni744

2020年2月15日(土)

午前シロギス釣り    シロギス51尾、イシモチ6尾

久しぶりのシロギス釣りです。木更津沖の25mダチを釣りました。朝から喰いは続きました。潮がそれほど動かないので、少し沖目に仕掛けを放った方が喰いは出てました。暖冬でこの時期でもシロギスが喰うと言っても、水温はまだ低いです。ですから、活発な喰いというわけではなく、静かに喰うという感じだと思います。胴付き仕掛けですから、ツンツンと糸を軽く張るようなことをして餌を動かすようにしてやると、喰ってきます。しかし、決してオモリは動かさないように。。。

今日は二本針で釣りましたが、殆どが下の針に喰ってきていました。しかし、見せ餌のつもりで上の針に餌を付けておくのも大事だと思います。仕掛けを遠くに投げて道糸を斜めにすれば、上の針に喰うチャンスも増えます。

この時期のシロギスは脂が乗ってとても美味しいです。

Instagram   tadakuni744   でも見られます。