2018年11月17日(土)

午前アジ釣り 中乗り

今日はお手伝いで乗ってました。アジの喰いはよかったですが、ただ仕掛けを下せば喰うというほどではありませんでした。底に付けてから2m持ち上げるにしても、ただ仕掛けが着いたからリールを巻くのではなく、タルミを取ってからです。これを勘違いしないでください。しっかり2m持ち上げてコマセを撒きそのコマセの煙幕の中に自分の仕掛けの針を紛れ込ますためにもう1m持ち上げます。コマセを強くしっかりと撒くのは2m持ち上げた直後だけです。最終的に3m持ち上がって当たりを待っている間はやたらコマセは振りません。じっと20秒ないし30秒待っているだけです。この待つ時間はコマセの煙幕がそのくらいで消え去ってしまうだろうという予測からです。何回も言いますが、ちょろちょろコマセを撒くということはしません。30秒待って当たりがなければ、底に再度下ろしてタナの撮り直しをします。底に着けてモタモタしていると根がかりしたり、カサゴが喰ってしまったりします。出来るだけ速やかにタルミを取ってすぐに仕掛けを持ち上げるようにしましょう。タナを取り直してコマセを撒く操作はやたらコマセを撒かなければ3回ないし4回はできます。それでも当たりがなければ、仕掛けを上げてコマセを詰め替えます。もし、コマセがかなり残っているようであれば、それはあなたのコマセの振り方が弱いということです。

糸を伸ばす時にただクラッチをoffにするという操作はしません。急激にスプールが回転してしまうからです。ひどい時にはスプールが過回転してバックラッシュ状態になってしまいます。クラッチを切る前には必ず左手の親指でスプールを抑えておく習慣を付けてください。親指(Thumb)で糸の出方を制御することを釣り用語でサミング(Thumbing)と言います。最初のうちはなかなか難しいと思いますが、慣れてくれば無意識にサミングができるようになります。是非、慣れるようにしてくださいl。

2018年11月16日(金)

午前アジ釣り  アジ20尾

今日もいい凪で釣りができました。アジの喰いはよく、大きなアジも混じって面白かったです。水が澄んでいるので、細いハリスの方が喰いは早いです。でも、大きいアジが喰うことが多いので、1.75号くらいにしておくのがいいのかもしれません。細いハリスでなければ喰わないというわけではなく、喰い出しが早いというだけです。青イソメを付けていた方が大きいのがやや多いかなというだけです。

今日は小潮でしたが、潮が効かないというわけではありません。朝の上げ潮は冬場はよく効くのです。却って釣りやすいのです。

私は釣った後のことを考えてこのくらいの釣果で止めておきました。フルに釣っていれば、50尾くらいは釣ることはできたと思います。それも30cmから35cmくらいの黄アジばかりです。

このアジを釣るコツは底から2mきっちり上げて、濃いコマセを撒くことに尽きます。チョロチョロとコマセを撒いていても自分の針にアジが掛かってくれなければコマセを撒く意味がありません。濃いコマセを撒いたら、その中に自分の仕掛けの針を紛れ込ますために1m持ち上げます。これで船長の指示したタナ3mを底から持ち上げたことになります。今日はほとんどが一度のコマセ操作で喰ってきていましたが、もし喰わなければ20秒から30秒待って底まで下ろします。それから又タナを取り直すのです。岩礁地帯で釣りをしているので最初にタナを取っていても深さが変わってしまうこともあります。

2018年11月12日(月)

エギイカ釣り   スミイカ8杯

下げ潮がそれほどの流れがなかったので、活発な喰いはなかったです。しかし、乗るとイカが大きいので、シャクった時のガツンとした感触は味わえました。

3号のエギを使いました。色はやはりオレンジ系が良さそうです。

2018年11月11日(日)

午前アジ釣り   アジ25尾(最大37cm)

孫を連れてアジ釣りに行きました。今日は凪で最高の日和でした。自分では釣りをせず孫の面倒を見ていただけですが、いい型のアジが釣れました。

潮が澄んでいるので仕掛けは細い方が喰いはいいです。私は1.5号を使いました。2号でも喰わないわけではありませんが、喰い出しはやや遅いです。ただ、ハリスを細いのを使うと大きいのが掛かった時に心配ですのでクッションゴムを使うといいです。天然のゴム仕様がお薦めです。ウレタンのクッションは急な伸びには対応できていません。引っ張ればじわっと伸びるようなものではアジ釣り用のクッションゴムには不適です。

アジも35cmクラスになるとかなりな引きです。1.5号のハリスでも安物のハリスでは安心できません。シーガークラスの品質は欲しいですね。

2018年11月9日(金)

アジのつみれ鍋

たくさんアジを釣ってしまったら、こういう料理にして食べるとすぐになくなってしまいます。本牧沖で釣れている黄アジでつみれ鍋を作るにはもったいないくらいですが、美味しいのですぐに食べてしまいます。寒くなってくるとこういう調理で体を暖めるのもいいですね。

また、たくさん釣った時にはヒラキを作るのもいいですね。開いた後にササラを使って血合いとかを落とすと綺麗に取れます。ササラは店にも置いてあります。

2018年11月7日(水)

午前アジ釣り    アジ15尾

今日は北東の風が強くて波が高かったです。アジを釣ってブリを釣りたかったのですが、私には来ませんでした。一緒に行った小野さんが5キロ超のワラサを一本釣りました。

アジの喰いは絶好調で波が高いにも拘わらずすごい喰いでした。アジ釣りだけに専念していれば40尾くらいは軽く釣れたと思います。

波が高くて写真がうまく撮れないので、こんな写真になってしまいました。泳がせ用のアジを溜めているところです。ブクも用意してあります。丁度手頃な大きさのアジがかなり釣れたのですが、ブリの喰いはありませんでした。

2018年11月1日(木)

竿の穂先の修理

ダイワの極鋭 MC Game180というメタルトップの竿の穂先部分2cm弱が折れました。メタルトップの部分の針金部分が折れてしまったようです。

金属部分が芯になっているからなかなか折れなかったようです。この竿はかれこれ10年ほど使っています。かなり前に穂先をぶつけてしまい穂先が90度曲がってしまいました。それでも折れなかったので、ずっとだましだまし使ってきました。突然折れたのは金属疲労なんですかねー。折れた部分が残っているトップガイドだけを取り出して付け直して見ました。2cm弱ほど詰まったので少し硬くなってしまいますが、まだまだ使えそうです。エギイカ用のシャクリに使っています。

 

2018年10月31日(水)

午前アジ釣り  アジ10尾、ブリ(10.3キロ)1本

朝のうちはかなり寒くなってきましたね。今日のアジの喰いはよかったです。自分は餌のアジを釣っていただけですが、アジ釣りに専念すれば、軽く30尾は超えていたと思います。しかも27cmくらいから38cmくらいのアジばかりです。

アジ釣り船なのですが、泳がせでブリを釣ろうとしてました。エサのアジは朝の一投目ですぐに釣れました。二、三びき釣ってから泳がせの仕掛けに付けて釣り始めました。この時にはアジ釣りはしていません。もし、アジ釣りをしていてブリが喰ってきたらなら、必ずアジの仕掛けを巻き込んでしまいます。

しばらくして私に喰ったブリは10.3キロ。針に付けたアジが暴れているなと思ったらいきなり竿が水面に。。。重量感たるやすごいです。

23日に釣ったブリは秤が振り切れたのではっきりと計測できなかったのですが、23日の魚の方がもっと腹が太かったです。11キロ超えていたかもしれません。今日のブリは家に帰ってから体重計に魚を持って乗ってから、あとで自分の体重分を差し引きました。

幅広の黄アジです。

2018年10月26日(土)

スミイカ釣り  スミイカ7杯

朝の下げ潮時は右側の方達がよく乗っていました。私は左舷の前の方に座っておりました。午後からは上げ潮でしたが、速い潮があまり来ず期待した乗りはありませんでした。午前中は右舷のおこぼれを頂いただけです。

イカの型は大きいですね。もう3号のエギで十分です。私は午前中はピンクで腹は白の3号のエギを使っていました。ピンクでもオレンジでもどちらも乗ると思います。ですが、新しいエギの方が乗りは断然いいですね。何年も使っている当たりエギでも墨でくすんでしまっているものは極端に乗りが悪いですね。

2018年10月23日(火)

午前アジ釣り  ブリ10.5キロ

帰ってきてからの計量で秤に載せたのですが、ディジタル表示が消えてしまいました。10キロまでしか表示できないようです。ですので、10.5キロとしました。

ボールに入っているのは餌のアジです。27cmと28cmのアジです。小さいアジが釣れないのです。釣り上げたブリはこのアジを呑み込んでました。