2018年12月18日(火)

午前タチウオ釣り   タチウオ5本

朝の本牧沖で大型が喰いましたが、私には当たりませんでした。走水沖へ走りました。すぐに当たりはあるものの、なかなか針掛かりせず。自分の腕が悪いからでしょうが、イライラするくらい難しかったです。最初の当たりがとにかく小さいです。小さい当たりを見逃す事なく、時間が掛かっても針掛かりさせなければいけません。この辺が上手い人と下手な人の差なのでしょうね。

2018年12月16日(日)

午前タチウオ釣り   タチウオ6本(最大1m05)

朝出てすぐに本牧沖で釣りました。すぐに当たっても針がかりせず。すぐに次を入れるとすかさず当たりがあって合わせると、動かない!場所が浅いのですごい引きです。やっと上げてくると指5本超の大型でした。皆さんにも当たりがあって1本から3本ほど釣った後は当たりが遠のき、走水沖へ走りました。

走水沖では行ってすぐには順調ですぐに4本釣り足しました。しかし、その後は当たりがあるものの、針掛かりせずイライラしました。なにせ、最初の当たりが小さいです。

自分の誘い方でうまく釣れる事もあるし、そうでない時もあります。いつでも釣れるといいのですが、なかなかそうは行きません。帰り間際に1本足して終わりました。針掛かりしなくなると、どうやってもダメです。

2018年10月5日(金)

午前タチウオ釣り    タチウオ11本

小雨降る天気でしたが、ポツポツと釣れました。今日釣れた魚は大きいのが多かったです。指5本近いのが3本釣れました。このくらいになるとすごい引きです。

今日は私のシャクリのパターンが魚と合っていたからかもしれません。佐久間名人が指6本くらいで125cmのデカタチウオを釣っています。


2018年10月2日(火)

午前タチウオ釣り   タチウオ2本

今日のタチウオ釣りは難しかったです。シケ後ということもあって喰いは渋かったです。ですが、船中10人でボーズなし。当たりはそこそこあるのですが、喰い方がチョコチョコとしていて針掛かりするような感じには見えませんでした。でも、7本釣った方もいたので、やはり腕の差ということになるのでしょうね。電動リールを使っていましたが、喰い方が弱い時には手巻きの竿でやったほうがいいなと思いました。微妙な当たりを逃さずに合わせられますね。

今日の午前アジ船はずっと喰いっぱなしだったそうですよ。皆さん、クーラーに入りきれないくらい釣ったそうです。それもいい型のアジを。。。

 


2018年9月14日(金)

午前タチウオ釣り   タチウオ12本

朝から雨がショボショボ降ったりしてました。でも、海は凪でとても釣りやすかったです。太刀魚の喰いは良好で釣らないのは釣り師の腕によります。

朝のうちは当たるとすぐに針掛かりしてしまうことが多かったです。餌を突然引っ張るような当たりもありました。そういうような場合は針には掛かりませんね。タチウオの型は朝のうちは小型が多かったです。徐々に大きくなって来ました。10時廻ってからは型が大きくなりました。しかし、すごいですね、掛かった瞬間の引きは!! 竿を引っ張り込まれるような引きです。

途中、隣の方に喰ったタチウオが暴れて私の道糸に歯が当たったために切れてしまいました。それで、それまでの電動リールから手巻きに替えたんです。そうしたら、途端に釣れるようになりました。それまでは当たってもなかなか針に掛かりませんでしたが、それからはバッチリ掛かるようになりました。手巻きの方が微妙な当たりを感じ取れるようになり、合わせのタイミングを予想できました。しかも、型が大きくて。。。

当たった数の三分の一も釣っていませんが、いやはや、この釣りは面白いですね。

針は2/0でハリス7号2m。オモリは60号を使っていましたが、潮が速い時には80号の方がオマツリしない。


2018年8月31日(金)

午前タチウオ釣り   タチウオ8本

今日は潮の流れが弱く釣りやすかったですが、当たりが弱かったです。その時のタチウオの喰い方に合わせて釣ればいいのでしょうが、最初のうちは合わなかったです。最初の当たりがあってから針掛かりまで思うように針に乗ってくれません。どういう時でも針掛かりさせる名人なら別ですが、最初のうちはカリカリしてました。

最初の当たりがあってそのままで動かさないようにしたら、二回に一回は針掛かりするようになりました。その時のタチウオの喰い気を素早く感じ取って対処しないといけないので難しいです。場所にもよるのでしょうが、今日は40mから50mくらいのタナで当たりがありましたので、電動でなくても大丈夫です。タチウオが静かな喰い方をする時には手巻きの竿でやったほうが微妙な竿捌きができますね。

私には釣れなかったので、大きなサバを釣った女史に頼んで写真を撮らしてもらいました。50cm1キロ超のマサバです。

 


2018年8月3日(金)

午前タチウオ釣り   タチウオ17本、大アジ1尾

朝から当たりはあるもののなかなか掛けられず、イライラしました。他の方は釣っているのですから、自分の腕が悪いということですね。10時頃まで7本でしたが、潮がちょっと効いてきたのかどんどん掛かるようになってきました。不思議なものですね。私の釣り方は潮が効いているときに合っているのか、11時前に納竿するまで10本釣りました。こういう時は合わせ損ないやバラしのロスがないのです。60mから50mくらいのタナで当たりました。電動でもいいし、手巻きでも大丈夫ですね。こんな釣りにタラレバはないのですが、潮の動いていない時の釣り方をもう少し進歩させれば、30本以上になっているのでしょうね。そこが面白いのだと思います。


2018年7月31日(火)

午前タチウオ釣り   タチウオ8本、大サバ1本

朝一は観音崎沖で釣っていました。潮が速くて釣りにくかったです。しかし、大きいタチウオが多かったです。大きいのは掛けた後、竿が止まるだけでなく引っ張り込まれそうになるくらいの引きをしますね。でも、潮が速いので途中でエサを離してしまうことが多かったです。

特大のサバが釣れて嬉しいです。実はもう一本喰ったのですが、水面でバレてしまいました。

船長が支持するタナは40mから55mくらいの時が多かったです。電動でもちろんいいし、手巻きでも十分にできます。私などは当たりがあると動きを止めてしまう方なのですが、逆に積極的に動かした方が喰い込みがいいようです。

タチウオの喰い方はその日によっても喰い方が違うのですが、当日の時間帯によっても違ってきます。一般的に朝方の方が喰いが早いです。日が上がってからはどうしても喰い方が弱くなります。こういう時に変わらずに釣るのがうまい方なのでしょうね。私なんかまだまだです。でも、当たりがあっても掛けられないところがこの釣りの面白いところです。

指4本半くらい。


2018年7月25日(水)

タチウオ釣り   タチウオ10本

うまくタイミングが合えば次々とタチウオを掛けられるでしょうが、そうでないときは腹が立つくらい掛けることができません。他の方が釣るのを見ているだけです。それでもなんとか10本は釣れたので良かったです。小野さんは25本釣っています。

小野さんが釣ったメーター級の大物


大アジや大サバもタチウオに混じって釣れます。

 

 


2018年7月24日(火)

午前タチウオ釣り    タチウオ19本

走水の50mダチで釣りました。タチウオが喰うタナは底から10mから20mです。朝のうちは浅いタナでも日が上がるに釣れ深くなって行きました。

富津前で釣っていたタチウオより幾分型は大きいです。電動リールの用意もしておりましたがずっと手巻きで釣りました。当たりがあってからなかなか針掛かりしないのはどこでもいっしょですが、当たった後にそっとしておくよりも色々と動かした方が却って喰ったりもしますね。