2020年12月25日(金)

タチウオ釣り タチウオ15本

朝のうちは本牧沖を釣っていました。潮が流れずに当たりはあるものの針に掛かるような喰いではなかったです。隣の城田さんが掛けたものの、しばらくしてハリス切れでした。それから走水沖へ行きました。すぐに当たりがあるものの、自分の腕がナマっているのでしょう、針掛かりさせられずに5回ほど。その後はカンを取り戻して針掛かりさせられるようになりました。喰い方のリズムを掴むと毎度当たるようになりました。そして、針掛かり。5回ほどあまりにも引きが強いので、「腰を使う」場面がありました。11時過ぎにはバラしがなくて7回連続ということもありました。

しばらくぶりでしたので、テンヤ仕掛けはちょっとだけしかやりませんでした。天秤仕掛けの方が当たりは多いです。ですが、最初の当たりが小さいので、それを見逃すとわけがわからなくなってしまいます。最初の当たりを待ってからはゆっくりと誘いを入れると針に乗ってきます。夏場みたいに動かしすぎると、エサを離してしまいます。そっとエサを動かしているとそのうちに重みが乗ってきます。指5本以上の大型の太刀魚でも最初の当たりは小さいですよ。これを見逃さないようにしたいです。電動リールを使って釣りましたが、電動のスロー巻きよりも手巻きで静かに誘っている方が良かったですね。

Instagram tadakuni744

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください