2019年2月11日(月)

ビシの蓋の溶接

アジビシのカゴはよく壊れます。網目の部分なら少しくらい破れても、却って出が良くなるのでいいのですが、蓋の部分が壊れてしまうと厄介です。今まで騙し騙し使ってきましたが、蓋がしっかりと閉まらないので溶接し直すことにしました。

細い針金で絡げます。これは太い針金だけだと、ハンダが乗らないからです。ステンレス用のフラックスをかけてからハンダを付けました。網目の部分も細い針金で縫うようにして補修しました。これでしばらく使えそうです。

鉛の部分は赤いテープで巻いてあります。ずっと持っていると毒だから。。

冬場のアジは餌の喰い方がゆっくりです。暖かいときの引ったくるような喰い方はまずしません。逆に言えば、上顎に掛けることができるわけです。柔らかい穂先の竿を使って、竿をゆっくりと持ち上げることによって針は上顎に入ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください