2018年12月6日(木)

アジ竿の修理

アジ釣りに使っている竿の一本の穂先が折れてしまいました。何本か持っている自作の竿ですが、車に積み込む時に穂先を折ってしまいました。とても柔らかい竿でコマセを振るのは大変ですが、魚を掛けてからはとても面白く多用してました。

トップガイドから3cmくらいのところです。裂け目のないところまでカットしてトップガイドを付け直しました。

糸を巻いた部分に漆を塗って、それを乾かしてからコーティングに入ります。

このところ水温が下がってきたので、アジの喰い方も少し変わってきています。いきなり喰うというよりもしばらくくわえてから針掛かりするというようになってきています。この時に竿の穂先が硬いとアジが餌をくわえても離してしまうことがあります。こういう時には柔らかい穂先を使った方がいいと思います。でも、あまりにも柔らかいとコマセを振る時に支障が出ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください