2018年9月28日(金)

午前シロギス船   シロギス15尾、イシモチ1尾、アジ3尾それにスミイカ3杯

シロギス船なのですが、スミイカのエギ釣りをやって見たくて行きました。スミイカは4杯掛かって1杯は水面でおさらばでした。総じて、イカが大きいですね。バタバタ釣れるというわけではなくて、時々乗るという感じでした。ともあれ、今シーズン初のスミイカです。水嶋久美子女史は6杯釣りました。私が使ったエギは2号です。2.5号でも乗っていました。中オモリは15号を使用。

シロギスはポツポツ程度の喰い方でしたが、型は大きいです。喰いが立つところとそうでないところがはっきりしていました。それに外道に色々なものがきます。イシモチ・アジ・タイ・カワハギやホウボウなど。嫌な外道はサバフグですね。特にサバフグが邪魔をしてしょうがないです。針は噛み切られるし、エギ釣りをしていればエギをいたずらします。

潮が速かったので、道糸の細いのを使う方がベターです。潮が小さければあまり問題にはなりませんが。。。

何回も言いますが、道糸は細めに。ハリスは40cm以上にした方が喰いはいいです。

シロギスの胴付き仕掛けでの釣りで大事なことはオモリを動かさないようにすること。ハリスは40cm以上の長い方が断然喰いはいいです。いくら潮が速くてもズルズルと引きずるようにすると喰いが悪いです。

エギイカ釣りとシロギス釣りを同時にはできません。覚悟を決めてどちらかにしないとどっちつかずになってしまいます。

この時期にしては大きいです。

2018年8月20日(月)

午前シロギス釣り   シロギス23尾、イシモチ5尾

曇りで北東の風朝はひんやりするくらいの天気でした。釣り始めてすぐに雨が降って来てしまいました。すぐに雨雲のない横浜沖に戻って来ました。ここでは雨はなく、11時まで釣りができました。上げ潮があまり通らずにバタバタ釣れることはなかったですが、いろいろな外道が釣れて面白かったです。外道はイシモチ、ホウボウ、ハナダイ、サバフグそれにカワハギなどです。タイにしてもカワハギにしても小さいので放流しました。

海の中ではもうすでに「秋」が来ていますね。

 

2018年7月10日(火)

午前シロギス釣り  シロギス36尾、イシモチ2尾

久しぶりのシロギス釣りです。朝行ってすぐには中ノ瀬で釣っていました。大きいのと小さいのと混じりで頻繁に当たりがありました。下げ潮が止まってしまうと喰いも止まってしまいました。その後、富津方面の浅場に行きました。ここでは当たりはあるものの小型が多かったです。

2018年6月26日(火)

午前シロギス釣り シロギス32尾、イシモチ3尾

梅雨明けと思われるほどの天気でした。シロギスの喰いは順調で、型も大型が多かったです。大型のイシモチと同じくらいの引きをするシロギスです。針が小さいとせっかく掛かったシロギスを逃してしまうことになります。

シロギスは餌を喰う時には一瞬で吸い込むと思われます。魚の型が大きいほど口の中に入った針が小さいとしっかり刺さらないで抜け出てしまいます。

胴付き仕掛けでのシロギス釣りは決して待ちの釣りではありません。勝手にシロギスが掛かってくるのではありません。シロギスが餌を吸い込んだ頃を見計らって針掛かりさせる釣りです。竿を何本も並べて置き竿にして釣ると思っている方がいるとしたら、それは思い違いです。

2018年6月13日(水)

午前シロギス釣り   シロギス27尾、イシモチ3尾

昨日はアジをたっぷり釣ったので今日はシロギスです。釣りはじめは慣れない方たちの面倒を見てました。ちょっと北東の風がありましたが、朝のうちは喰いがよかったです。シロギスの型が大きいのが多いです。イシモチの大きいのかと勘違いするくらいの引きです。

潮の速い時ほどシロギスの喰いはいいですが、オモリをゴロゴロさせると喰いが悪くなります。オモリを底に着けている時にはできるだけ動かさない注意が必要です。

大きいのになると、27cmから28cmあります。

2018年6月8日(金)

午前シロギス釣り     シロギス30尾、イシモチ8尾

朝から南風がそよそよ吹いていて涼しかったです。行ってすぐには喰わなかったですが、ちょっとして潮が動き出してきたら喰ってきました。

今日は長潮でした。潮の流れがそれほどなくて釣り易いのですが流れが今ひとつ弱いような気がしました。仕掛けを真下に下ろしているだけではなかなか喰いません。広く探る意味で仕掛けは少し沖目へ投げた方がいいです。投げるのにスピニングリールを使うのがいいのでしょうが、私は両軸リールを使っています。スピニングリールならば、それほど高価なものでなくても十分に使用に耐えられますが、両軸リールではキャスティング性能を満足するもので無いとバックラッシュなしでは済まされません。キャスティング性能を満足するものならば、かなり高価になってしまいます。

今日も二本針で釣りましたが、かなりバレます。それも大型が掛かった時です。針は9号ですが、掛かってリールを巻き始める頃にバレていました。針7号を使っている方がいましたが、針が小さすぎて餌が針に刺さらないくらいです。せめて8号以上がお薦めです。私は9号の二本針です。それと、ハリスの長さが気になります。40cm以上は欲しいです。ハリスの長さが20cmも無いようなのを使っている方がいますが、極端に喰いが悪いですね。釣り道具屋さんにもなかなか満足したものは売っていません。店に来て購入した方がいいです。中ノ瀬で釣るのに適した仕掛けにしてあります。

 

2018年6月4日((月)

午前シロギス釣り    シロギス32尾、イシモチ7尾

とてもいい凪で東風のそよそよ状態でした。行ってすぐに喰いましたが、すぐに当たらなくなってしまいました。行ってすぐの時はまだ上げ潮が残っていたような気がします。下げ潮になっても一向に当たらずどうしたものかと思っていましたが9時半くらいになってから当たりが出始めました。殆どが大型のキスです。イシモチも大型です。シロギスの大きいのはイシモチの大型と同じくらいの引きをしますね。掛かってからリールで巻き取るのにスイスイと巻けるような状態ではありません。引きが強くてとても面白いです。

今日も胴付きの二本針でしたが、針は9号を使いました。小さい針では喰わせても抜けてしまいそうです。9号を使っていても抜けることが時たまあるのです。魚が大きいだけに小さな針は不要です。

竿の穂先が柔らかいと、聞合わせの時に竿に乗りません。

2018年5月26日(土)

午前シロギス船中乗り   水の濁りは解消してます。

シロギス船の中乗りお手伝いに行って来ました。レンタルの竿使用の慣れない方が多かったですが、まあまあ釣れました。ベテランの方が来て釣っていたら40尾や50尾は釣っていただろうと思われる状態でした。初めてされる方達にそれを期待はできないので、少しでも釣っていただこうと餌の付け方からちょっとうるさく指導しました。

みなさんが疑問に思っていることの多くは「どうやって釣るの?」ということです。胴付き仕掛けに関してだけ言いますが、「オモリをできるだけ動かさない」ということの一言に尽きます。これはシロギスに餌を捕食する時間を与えてやるということです。オモリが底に着いてそのままにしておいたにしても糸を張っていればもうそこでオモリがゴロゴロと動いています。軽く糸を張っているだけでです。ですから、この時は必ず弛みを残しておくことが大事です。でも、ずっとそのままにしておいては仕掛けが同じ位置で止まったままで潮の流れの後ろに留まってしまいます。私が糸を張らないでオモリを止めておくというのはシロギスが餌を捕食する時間を与えているということです。約10秒ないし15秒したらゆっくりでいいですから1mくらい竿を持ち上げてまた静かにオモリをおいてやるのです。この時にシロギスが餌を捕食していたら、竿を持ち上げることによって針掛かりします。(いわゆる聞き合わせ)掛かっていなかったら、静かにオモリを置いてやります。決してストンと落とさないこと、これが大事です。オモリを急に落とすことによって魚を散らしてしまうからです。オモリを持ち上げたつもりでも下ろす時にすぐに底に着いてしまうことがあるのは道糸が水の中で弧を描いたように弛んでいるからです。こういう時はきっちりと糸を張るまでリールを巻いてから竿を持ち上げるようにしましょう。また、オモリをゆっくりと下ろすという動作は仕掛けを潮に乗せてやるということにも繋がります。

潮の流れの速い時には真下に仕掛けを下ろしても喰います。何故なら船が流れるので、10秒間隔でオモリを静かに上下しているだけでどんどん新しい場所に入っていきます。沖目に投げられない方はこの釣り方でも十分釣れることがあります。しかし、潮の流れの緩い時は船が流れませんので、仕掛けが新しい場所に入って行きません。こういう時は少し沖目に投げるしかありません。

今日はアジ船もかなりの釣果があったようです。先週の日曜日の北東の強風の後、急速に水が濁りました。この影響だと思いますが、アジの喰いがかなり渋くなっていました。金曜日の釣果を見ても釣っている方で10尾超でした。今日はいつもの喰いが戻ったようで、釣る方で50尾は釣っていたようです。水の濁りは殆ど解消して綺麗な水に戻っています。

2018年5月21日(月)

午前シロギス釣り    シロギス35尾、アジ1尾(37cm)、ホウボウ1尾

いい凪で釣りができました。シロギスの喰いは潮が行かないせいか、それほど活発ではなかったです。仕掛けをちょっと飛ばさないとなかなか喰ってきてくれません。それと、オモリを動かさないでじっとしておく時間をちょっと長めにした方が喰いがいいような気がしました。糸を軽くツンツン張ってほんの少し餌を動かしてやると喰いはいいと思います。今日みたいな潮では道糸が細かろうが太かろうが大して問題にはなりません。今日も2本針で釣りました。上の針にかなりの数のシロギスが喰ってきていました。

潮が小さいので、仕掛けを少し投げないと広い範囲を探れません。

2018年5月18日(金)

午前シロギス釣り     シロギス28尾、イシモチ7尾

今日は久しぶりに凪で釣りができました。凪は良かったのですが下げ潮が速くて釣り難かったです。水深20mもないのにリールの糸は40m以上出てしまっています。表層の潮が速くて十分なタチ取りができませんでした。私は道糸0.6号ですが、これでもまだ糸フケが出てしまいます。時々竿を持ち上げて、場所移動と当たりの聞き合わせするのですが、かなり大きく竿を持ち上げていてもすぐにオモリが底に着いてしまいます。潮の流れで大きくふくらんでしまった道糸を持ち上げようとしても、なかなか持ち上がらないのは当たり前ですよね。大きくたわんでしまっている道糸をいくら持ち上げても道糸が張らない限りオモリが持ち上がらないのは道理です。潮の速い時にはできるだけ細い道糸を使うようにしましょう。