2021年7月24日(土)

午前アジ釣り 中乗り

三日連続で中乗りです。三日ともアジはいい喰いをしてくれました。今日あたりは下げ潮が速くてかなり釣りにくかったですが、しっかりとタナを取れる方はよく釣っておりました。アジ釣りでは船長は潮に乗せて流すことはしません。魚が集まるポイントがズレてしまうからです。とんでもなく潮の速い時にはやむを得ず少し流すことはしますが、基本的には船は止めたままです。最初に仕掛けを下ろす時には必ずスプールに軽く親指を掛けておきます。これはスプールのバックラッシュを防ぐためと底立ちをはっきりと感じるためです。潮が速いと道糸は斜め後ろへ行きます。当たり前のことです。底まで25mだとしたら30mくらい糸が出てやっと底に着きます。この最初に底に着いた感触を見逃すといくらでも道糸が出て行ってしまいます。この最初のコンタクトを感じたら、即座に親指でスプールを押さえます。道糸は湾曲しているはずです。親指で押さえておいたスプールをハンドルを巻く状態にします。竿を大きく持ち上げてゆっくりと落としてみます。弛んだ状態の道糸を巻き込み更に竿を持ち上げてまたゆっくりと落とします。これを何回か繰り返すとタルミが取れてきます。仕掛けが底に着いてすぐにタナを取るのにリールを巻いてもタルミが取れていなければ底から仕掛けを持ち上げたことになりません。竿を持ち上げて落とした時にタルミが出なくなれば糸を張った状態です。ここで初めてタナを取ります。船長から指示タナは下から3mと言われたなら、まず2m持ち上げます。レンタルの竿のリールで4回です。底から2m持ち上げた状態で竿を振ってコマセを撒きます。振る幅は1mくらいでいいですからできるだけ強く2回ほどです。コマセの煙幕を作ってあげるのです。そうしたらあと1m(レンタル竿で2回巻く)持ち上げます。ここでアジが掛かるのを待ちます。この操作が船長の言った下から3mというタナです。潮が流れていれば、せっかく作ったコマセの煙幕もすぐに消えてしまいます。せいぜい20秒待っても30秒もすれば完全にコマセの煙幕は無くなってしまっていると思っていいと思います。潮の流れの速い時ほど魚の活性もいいですから当たりが出るのも早いです。30秒待って当たりがなければ、タナを取り直しします。そうです、また底に落としてタナの取り直しをします。潮の流れの速い時は釣りにくいですが、魚の活性もいいのでいいところでコマセが出ればすぐに当たります。今日の朝行ってすぐの時は下げ潮の流れが速かったですが、喰いはよかったです。しっかりとタナを取れている方はコマセの一振りですぐに喰って来ておりました。

Instagram tadakuni744

2021年7月23日(金)

午前アジ釣り 中乗り

今日もお手伝いです。昨日と同じように朝からいい型のアジが釣れて良かったです。お客さんの中に帽子も被らないで釣りをしている方がかなりいます。今のこの時期は帽子は被ってください。熱中症の危険もありますので帽子は必須アイテムです。帽子、タオルそれに飲み物は必ず用意してください。それと魚を冷やすクーラーも用意しておいてください。クーラーを持って来るのを忘れたなら、船宿でクーラーのレンタルも行っています。船に乗っている間はそれを使って、上に上がって来たなら発泡スチロールの入れ物を船宿で購入すれば氷代は無料で付けてくれます。

この時期は特大のアジが釣れて来たり、40cm以上のサバが掛かって来ることもあります。細いハリスの方が喰い出しは早いですが、大きいのをバラさずに釣るには少し太めのハリスを使った方がいいと思います。

Instagram tadakuni744

2021年7月22日(木)

午前アジ釣り 中乗り

お手伝いで乗っておりました。朝行ってすぐの喰いでは魚の型が大きかったです。慣れない方が多かったので一人で釣れるようになるまで少し時間がかかりましたが、自分一人で釣ることができるようになると、面白いように釣っておりました。底に仕掛けが着いてからチョロチョロとコマセを撒くような釣り方をしていると大きいアジはなかなか喰って来ません。本牧沖堤のような場所では底に着いたら、すかさず仕掛けを持ち上げるようにしないとアジはなかなか釣れません。いつまでも底近辺にエサがあるような状態ですと、カサゴが喰って来たり底に根掛かりしてしまいます。

この時期は熱中症にならないような対策が必要です。帽子は必ず着用するようにしてください。飲み物をたくさんお持ちください。

Instagram tadakuni744

2021年7月20日(火)

午前アジ釣り アジ15尾(最大35cm )、サバ1尾

朝行ってすぐは走り回っていました。どこのポイントも反応が見られずどうしたものかと思いましたが、結局本牧沖堤に戻ってきて釣れました。喰いだすとほとんどのアジが30cm以上です。時折サバも混じります。私は15尾でしたが、真面目に釣れば30尾以上は釣れたと思います。このくらいにしておかないと後で大変なことになってしまいます。

サバは釣ったらすぐに頭を落として内臓を出してしまいましょう。そして、よく洗ってからクーラーに入れておきましょう。氷の入ったクーラーには海水を魚が浸かるくらいに入れておきましょう。氷だけ入れておいても魚は冷えません。海水が氷によって冷やされて、その冷えた海水が魚を冷やします。クーラーの中に入れておく水は海水でなければいけません。真水を入れておくと魚がブヨブヨになってしまいます。これは浸透圧の影響からです。

2021年7月14日(水)

午前アジ釣り   アジ31尾(最大40cm )、大サバ1本、タコ1杯

朝行ってすぐには喰わなかったですが、少しして喰いが立ってくると入れ喰い状態になりました。朝のうちは型が良かったです。35cmくらいになって来ると最初の引き込みからすごいですね。9時近くになって来て魚の型が少し小ぶりになって来ましたので、タナを上げました。底から6mから7m持ち上げて釣っていました。上のタナの方が魚がいくぶん大きいです。それに特大アジや大サバも来ました。サバの大きいのは引き込みもかなり強いので慎重に取り込みをしないと切られます。水面での引き込みには十分注意してタモで取り込んでください。大きなアジやサバが喰ってもいいように生ゴムのクッションを付けてハリスを2号にしていましたが、それでもやられました。アジの産卵も終わってアジは活発にエサを追う時期です。

釣り過ぎると後々の処理が大変なので25尾くらいでやめておこうと思いましたが、面白いのでついつい釣り過ぎてしまします。

10時廻ってからはタコで遊んでいました。

Instagram tadakuni744

2021年7月7日(水)

午前アジ釣り  アジ25尾(最大37cm)  タコ2杯

一週間ぶりにアジ釣りです。リールの修理に追われています。今日釣ったアジは25尾ですが、このくらいで止めておいたからです。あまりたくさん持って帰ってきても、あとが大変だからです。

今日みたいな日は仕掛けをおろしているだけでも釣れてしまいます。ですが、いつもいつもこんな日ばかりではありません。渋い日でも何とか当たりが出るような釣り方をしておいた方がいいでしょう。慣れない方の釣り方を見ていると、仕掛けが底からあまり持ち上がっていません。船長のタナの指示が3mだとします。この意味は底からまず2m持ち上げてコマセを振りなさい。そして、コマセの煙幕ができたら更に1m持ち上げて待つ。これだけです。底に着いたのを感じたら即座に2m持ち上げます。これはタルミを取ってからです。そうでないとタルミを取っていないで持ち上げていることになります。仕掛けがあまり持ち上がっていないと、針が底にひっかかってしまったりカサゴが喰ってしまったりします。底に着いたら素早くタルミを取り仕掛けをきっちりと持ち上げたところでコマセを振るようにしましょう。

アジはオキアミのコマセ鯛釣りのようなコマセの撒き方はしません。パラパラ撒くのではなく、かなり濃いコマセを撒いてやる方が自分の針に喰ってくる確率は高いです。濃いコマセを撒いてやった方がアジの喰いはいいです、特に大きいアジを釣りたかったら。。

今日の私の仕掛けは2号でした。

Instagram tadakuni744

 

2021年6月30日(水)

午前アジ釣り   アジ25尾

どんよりした天気で少し小雨という陽気でした。今日は小柴沖で釣りしてました。すぐには喰いは立ちませんでしたが、喰いが出てくると入れ掛かり状態になりました。ほとんどが中型の30cm前後のアジでした。少し前までこの中アジが食わなかったのです。産卵を終えて再び喰いが出てきたようです。私は25尾で止めておきましたが、せっせと釣れば40尾くらいは釣れるでしょう。

アジの仕掛けについてですが、普通は2本針です。3本針の方がたくさん釣れると思っている方もあると思います。ですが、3本針はむしろ逆効果です。手前マツリが多くて常にオマツリばかりしてしまいます。今日見た仕掛けは枝のハリスの長さが短くて、あまりいいようには思えませんでした。それと全体の長さが短いです。

私が自分で仕掛けを作る時の目安を言います。まず枝針用に30cmに糸を切って針を結びます。次に長い方のハリスは2.1mに切ります。これで針を結び反対側にスナップ付きより戻しを付けます。これで長さが2mくらいになります。枝ハリスは下の針から約90cmくらいのところに付けます。ハリスの長さは長ければいいというものではありません。撒いたコマセの煙幕の中に仕掛けの針を入れるには2mくらいがちょうどいいと思います。このアジ釣りはチョロチョロとコマセを撒くということはしません。しっかりとコマセを撒いてその中に仕掛けを持っていきます。コマセを振った後に1m持ち上げて待つというのはこういう意味です。

船上で写真を撮るのを忘れたので、帰ってから家で撮りました。

Instagram tadakuni744

2021年6月26日(土)

午前アジ船中乗り

午前アジ船は2艘出船しました。私の乗った方の船は横浜港の中で朝のうちは釣っておりました。すぐにアジは釣れてきてくれたのですが、コマセが効いてきてからは小サバに邪魔をされることが多くなり、二本針で2匹ともサバをいう状況になってきましので本牧沖へ行きました。潮が速くてやり難かったですが、うまくタナを取れる方には釣れていました。しかも、アジの型が大きいのが多かったです。

アジは30cmくらいまででしたら、ハリスは細い方が喰いはいいです。しかし、アジの型が大きくなってくると、また大きなサバが来るとよほどうまく取り込まないと切られてしまいます。クッションゴムを付けるのとハリスを太くすると悔しい思いをしなくて済みます。

偶然、水面に泳ぎ上がってきたワタリガニを Catchしました。これは美味しそうです。茹でるのはなくて、蒸すことにします。

Instagram tadakuni744

2021年6月19日(土)

 

午前アジ釣り 中乗り

今日は朝から雨がポツポツと降っていました。風はなくどんよりとした天気でした。このどんよりとした天気が幸いしたのか、魚の喰いはすこぶるよかったです。釣りをしている皆さんは雨が降っていることなど忘れて釣っていました。初めて釣りをされたという方でも20尾以上は釣っていました。

 

今日は魚の群れが大きいからか底から5m前後上げていた方が喰いはよかったです。それに大きな群れの上の方が魚の型はいいです。

底に着けてからコマセをすぐに振りまた少し上げてコマセを振るという釣り方をしているとあまり活発には釣れません。底に着いたら2mないし3m持ち上げてからコマセを振るようにしてください。

底に着けてからチョコチョコとコマセを振り、また少し持ち上げてからコマセを蒔くような釣り方ではなかなか喰ってくれません。

 Instagram tadakuni744

2021年6月15日(火)

午前アジ釣り アジ28尾(最大38cm)、黒鯛(1.5kg )1枚

今日は久しぶりに大きいのが釣れました。朝のうち、ハリス1.5号でやっておりましたが、二度ほど切られたのでハリス2号に替えました。切られた2回ともいきなりの引き込みで切れたので、魚が何なのかわからず仕舞いでした。大きなサバを釣っている方もいましたので、もしかしたらサバかもしれません。アジも大きいのが喰ってきましたので、40cmクラスのアジかもしれません。黒鯛は船中2枚上がっています。

本牧沖堤で釣る時にはクッションゴムといいハリスを使った2号で望んだ方がいいです。特に大サバが喰うと引きは半端ないです。

Instagram tadakuni744