2019年4月12日(金)

午前アジ釣り  アジ38尾、イシモチ2尾

朝のうちはかなり寒かったです。今日は行ってすぐに喰いが立ちました。初めのうちはポツポツの喰いだったので、魚の型は大きかったです。そのうち、下ろせば釣れるようになって来ると型は小さくなって来ました。

10時過ぎてからは場所を変えて大きいのが釣れるところに来ました。下ろせば釣れるという状態ではありませんでしたが、ポツポツと大きいのが釣れました。上がる間際には5連発で30cm〜35cmのアジが来ました。竿を持っていると、いきなりギュンと引き込みます。たまらない面白さです。ハリスは1.5号ですが、クッションゴムを付けていないと怖いくらいの引きです。

ちょっと大きいのを狙うには青イソメを付けていた方がいいと思いました。

小ぶりのアジが釣れている時にはどうやってもアジが釣れてしまいます。ですが、大きいのになるとそうは行きません。底ダチでしっかりタルミを取ってから2m持ち上げること、これが大事です。それからコマセをしっかり振ること、そして自分の針が付いた仕掛けをコマセの煙幕の中に入れるようにもう1m持ち上げて待つ。これがタナが3mと言われた時のタナの取り方です。これで20秒から30秒待つ、この時にチョロチョロとコマセを振る必要は全くなし。当たりがなかったら、仕掛けを底に下ろしてタナを取り直す。この操作は3回ほど行うとコマセが無くなりますので、上げてコマセを詰め替えます。

2019年4月7日(日)

午前アジ釣り 中乗り

お手伝いで行って来ました。私が乗ったほうの船は全員レンタルの竿でした。慣れない方が多かったですが、ちょっと教えればすぐにコツを掴んでしまう方がほとんどでした。

リールの扱い方にちょっと注意したいことがあります。仕掛けを降ろす時にはリールのクラッチをフリーにするのは勿論ですが、この時に左の親指での腹でスプールをいつでも抑えつけることができるようにスタンバイしていてください。仕掛けを下げている時には当たり前ですが糸が出て行きます。この時に親指をスプールから離すとリールが過回転して絡みつくことがあります。いわゆる「バックラッシュ」という現象です。これを防ぐには軽く左親指の腹でスプールを触っているようにします。リールが過回転しないように親指で軽くブレーキを掛けておくようにします。サミング(Thumbing)というテクニックです。Thumbとは英語で親指のこと。

2019年4月5日(金)

午後アジ釣り  アジ45尾、イシモチ17尾(孫の涼くんと)

今日の午後は南風が吹き込んできてしまいました。本牧方面へ行けないので港の中で釣っていました。それにしても、強い風の中でもアジの喰いは衰えませんね。ほとんど入れ喰い状態でした。時折、35cmくらいのも入りました。大きなアジと同じくらいの引きをするのが大型のイシモチです。

強い風だからか、あまり釣っていない方もおられましたが、理由はタナを頻繁に取っていないからです。強い風ですから、船は前後左右に振れてしまいます。最初にタナを取っていても、ちょっと船が振れればすぐにタナが変わってしまいます。ですから、道糸が斜めになったりしたら、すぐにタナを取り直します。タナを取り直してコマセを振っているとすぐに当たりが出ます。一回だけタナを取ってそれでじっと待っているだけではアジは喰ってくれません。

2019年4月2日(火)

午前アジ釣り アジ30尾

今日もアジ釣りです。日曜日にお手伝いで乗っていて、皆さんが型のいいアジを釣っているのを見ていました。しかし、今日はそれほど大きいのは釣れませんでした。アジの喰いがメチャメチャ良くて、コマセを振る前に喰っているような有様でした。もう少し間が欲しかったです。でも、こんなことは贅沢なことですね。

日曜日には40cm近いアジやサバが釣れていたのに、今日はちょっと小ぶり。。

2019年3月30日(土)

午前アジ釣り船 中乗り

今日は午前・午後アジ船とも中乗りで乗っておりました。

午前中は曇っており、ちょっと肌寒かったです。午後は薄曇りで暑くもなく寒くもない天気でした。午前中は朝のうち少しアジの型は小さかったですが、よく釣れていました。慣れない方達に教えるのが私の仕事です。最初は釣り方に戸惑っていてもちょっと教えればすぐにコツを飲み込み、一人で釣り上げることができるようになります。最初に教える方としても、コマセを撒くとすぐに当たりがあるので楽だったです。

慣れない方達が間違いやすいミスは仕掛けの投入です。通常の仕掛けは2本針で長さが約2mあります。仕掛けが長いので少し気を付けて投入しないと仕掛けが道糸に巻きついてしまいます。こうなると当然アジが喰いつくこともありません。他の方達がどんどん釣っているのに自分の竿には当たりがないということになります。仕掛けが横になっているのを確かめてから重りを沈めるようにしましょう。無造作に投入すると絡んでしまうことになりますので注意しましょう。やり方でわからないことがあったら、遠慮なく船長なり中乗りに聞いてください。そばにベテランの方が座っていたら、その方に聞いてみるのもいいと思います。

2019年3月29日(金)

午前アジ釣り    アジ38尾、サバ2尾

今日は寒い一日でした。朝行ってすぐには型は小さかったです。型が大きくなってきたのは下げ潮が出始める9時過ぎでした。

喰い始めるとどんなことをしても釣れてきてしまいます。でも、少し大きいのはしっかりとコマセを振っていないと喰いません。また、青イソメを付けていた方が大きいのが喰ってきそうな気がします。自分でコマセを振らないで、人のコマセをあてにしている方は喰ってきてもバレる確率が高くなります。しっかりとコマセを食べさせておくとバレが少ないのです。

仕掛け投入後、底に着いてからしっかりと2m持ち上げることが大切です。タルミを取らないでそのままで2m持ち上げても、実際には1mも持ち上がっていないことが多いです。だからと言って、ゆっくりと操作をしていると根掛かりしてしまったり、カサゴが喰いついてきたりしてしまうこともあります。底から2m持ち上げてしっかりとコマセを振ることを心がければ、一振りで喰ってきます。

どうですか?この幅広のアジは。。

2019年3月26日(火)

午前アジ釣り    アジ35尾、サバ1尾

今日のアジ釣りは爆釣でした。型も良く、かなり幅広が入ります。通常30cm前後で時々35cmが入ります。殆どがコマセ一振りで喰ってきます。ハリスの太さもあまり関係なくなってきていました。

あまりにも当たりがあるのに水面近くでバレるにはそれなりの理由があります。アジも群れて争うようにエサを喰っています。こういう時に上顎に針を入れるのは至難の技です。コマセに煙幕のどの辺に自分の針を入れてやるかによりバレるかそうでないかがある程度違ってきます。アジが下向きに餌を喰っている時にはバレる確率が高いです。アジが上を向いてエサを喰うようにしてやると上顎に入る確率はちょっとだけですが高くなります。バレてもまた釣ればいいのですが。。。

真面目に釣っていれば50尾は超えてしまいます。家に持って帰ったことを考えて釣らないと。。。

2019年3月19日(火)

午前アジ釣り    アジ23尾

やっと暖かくなってきましたね。海の方はとっくに春になっていると思われます。本牧沖堤で待望の30cm前後のあじが釣れ始めました。ベイブリッジ近辺で釣れていたアジとは大きさが違います。冬場のゆっくりとしたアジの喰い方ではありません。

春先にしてはアジも幅広が多かったです。アジの喰いが激しいので、少し前に言っていたような、そっと竿先を持ち上げるような操作はもう無意味になってます。青イソメを付けていた方が大きいのの喰いは良かったです。

2019年3月16日(土)

午後アジ釣り    アジ28尾

孫を連れての釣りでしたので、午後船にしました。午前アジ船に乗ろうと思っていましたが、前日の予報が悪かったので午後船にしたのですが、午前も午後も凪で雨も降りませんでした。

港内の釣りです。すぐに喰いが立ちました。釣り初めの頃は型が大きかったですが、バタバタ釣れ始めると型が小さくなりました。28尾は小さいのを放流した後の数字です。