2021年3月18日(木)

リールの整備

このくらい汚れてしまうと、きれいにするのも大変です。クラッチの動きも塩がみで阻害されてしまいます。ギアの歯面もうまく噛み合いません。

この画面はきれいにした後の画像です。上と下は同じリールです。右側にあるのはクラッチ押さえ板で割れてしまっています。これはこの部品を取り寄せなければなりません。

この写真は両軸リールのクラッチカムを取り外したところです。ピニオンベアリングが錆びています。取り外してみると全く動いておりません。もし、このまま取り外さないで放っておくと、ベアリング自体が破壊してしまいます。このベアリングを取り替えただけで、スプールは気持ちいいくらい回ります。

動きがギクシャクして来たら、早めに整備に出すことをお勧めします。

Instagram tadakuni744

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください