2021年2月9日(火)

タチウオ釣り タチウオ12本

朝のうち風がありましたが、徐々に凪てきました。太刀魚の当たりはすぐにあってサカナは大きかったです。朝一は喰いがいいのか、ハリス切れ連発です。今日のような喰いだとうまい方は軽く20本を超えてしまうのでしょうね。

その人その人のリズムがあるようで、釣れ出すとパタパタ釣れるのに、そうでない時にはパタっとしてしまいます。当たりがあっても掛かりすらしないのです。

それにしても針掛かりした瞬間の引きは半端ではないですね。竿が止まるどころではなく、引き込まれてしまいそうになってしまいます。

これは指6本くらいありました。うちで食べるにはこれだけで十分です。

朝のうちは頑丈な仕掛けで釣り、日が上がって喰いが繊細になってきたら仕掛けも繊細にするといいなと後で感じました。朝のうちはパイプを付けようが、太いハリスにしようが関係ないくらい喰いがいいです。

今日はテンヤ仕掛けを持っていきませんでしたが、きっとテンヤでも大型が釣れていたことでしょう。潮がかなり速かったので、オモリは80号を使いました。私には70m前後が一番当たりがあったような気がします。場所は走水沖と言うより、観音崎沖です。本船航路沿いです。

船長の話では魚探の反応はずっと出っ放しで濃いと言っています。

Instagram tadakuni744

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください