2020年6月15日(月)

リールの修理

シマノ カルカッタ小舟1000の整備を頼まれました。預かった当初はハンドルがやっと回るが重いという感じです。左側から開けてスプールを抜こうとしましたが、全く抜けません。

スプールコントロールツマミを取ると、スプールの先端が見えています。ボールベアリング が錆びて固着してしまいなかなか抜けないのです。

右側のカバーがやっと取れました。ですが、ボールベアリングの内側のケースがまだ取れません。ボールベアリング自体は完全に破壊してしまっています。いろいろやっているうちに何とか取れました。あとはスプールシャフトをトンカチで静かに叩いて真っ直ぐにしました。それとサビの除去も行いました。

このカルカッタというリールはダイワのミリオネアと並んでとても基本的な造りのいいリールです。ベアリング は交換しなければならないですが、他のパーツはしっかりと作動しています。これで蘇りました。

Instagram  tadakuni744  でも見られます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください