2019年9月2日(月)

リールの整備

ダイワのスピニングリールの整備を頼まれました。まず開ける前に外観を見てみると、びっくりしました。名人の証しなんでしょうね。ハンドルにシロギスのと思われるウロコがびっしり付いていました。よく打木屋へ来られる某名人のリールです。

このスピニングリールにはマグシールドが内蔵されています。ところが開けてみると、マグオイルは見当たりませんでした。ギア周りまで全て開けて、綺麗に汚れを拭き取ってからグリスを差しておきました。突起部分には道糸が絡まっておりました。それもかなりたくさん。さぞかし重たかったでしょう!

このあと、マグオイルを充填しておきました。メーカーに整備を出さないとマグシールド関連は整備してくれません。マグオイルは他から調達して来ました。効果はメーカーが言っているほどの完璧さはないと思います。まあ、あってもいいですけど。。。

Instagram  tadakuni744      でもご覧になれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください