2019年5月4日(土)

潮の速い時のタナの取り方について

このところ、連日お手伝いでアジ船に乗っています。慣れない方達の指導を行なっていますが、潮の速い時には皆さん苦労されているようです。

まず、仕掛けを下ろすときには必ず左親指をスプールに当てておくことが大事です。道糸の出るに任せておくと底に着いたのも見逃してしまいます。親指の腹でスプールを押さえ少しブレーキをかけて下ろすようにしてください。底に着いたらのを見逃すといくらでも糸は出て行ってしまいます。底に着いたのがわからずにまだ糸が出て行くのならば、一度巻き戻し再度仕掛けを下ろすようにしてください。糸の出るがままにしておくと、必ずと言っていいほど他の方とオマツリします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください