2019年4月29日(月)

午前・午後アジ船 中乗り

お手伝いで一日船に乗っていました。午前も午後も喰いは同じようでした。今日は小ぶりのアジが多かったです。タナがしっかりと取れる方はずっと喰いっぱなしです。いくらコマセを振っても当たりの出ない方は少し考えた方がいいと思います。

コマセはやたら振ればいいというものでは決してありません。アジの群れが大きくて仕掛けを入れさえすれば喰ってしまうというときもあります。しかし、こういう時はなかなかありません。コマセの煙幕を作るにはまずしっかりと底から持ち上げてあること。底近くでコマセを撒いてもカサゴが釣れてしまうだけです。

本牧廻りでアジ釣りをするときには底が岩礁地帯であることをよくよく頭に入れておいてください。仕掛けを底に着けたままにしておくことは絶対に禁物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください