2019年1月14日(月)

午前シロギス釣り    シロギス35尾、ホウボウ1尾

今日は朝からシロギスの喰いは良かったです。この時期は水温が低くてシロギスの活性も鈍いので胴付き仕掛けの場合には道糸をツンツンしてやることによってエサを動かしてやることが大事です。エサのつけ方も大事です。長く付けても針掛かりさせるにはかなり難しいです。せいぜい5cmくらいの長さがにしてください。また、頭を落として尻尾の部分だけ付けている方がいますが、胴付き仕掛けには意味がありません。頭を付けておかないと仕掛けを投げた時にすぐに千切れてしまいます。胴付き仕掛けでは青イソメの頭の部分を付けて置くことは必須の事項です。

40cm超のホウボウも釣れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください