2019年1月10日(木)

タチウオ仕掛け

前回の釣行で針だけを外掛け結びで縛っただけのシンプルな仕掛けを使っていました。当たりが出やすいのはシンプルな仕掛けの方が出るという思いで使っていました。しかし、この仕掛けは切られやすい欠点があります。喰いが渋い時にはとにかく当たりがあった方がいいという思いでした。シンプル仕掛けですから、当たりは出ます。しかし、このところの状況では針を切られるケースがかなり多くなりました。

何回も切られてしまいシンプル仕掛けが無くなってしまったので、思い切ってタコベイト付きの仕掛けを装着してみました。タコベイトだけ被せたのではなく、針を二本針にしてケプラー糸で二本の針を結びました。

この仕掛けで釣ったところ、当たりはすぐに出てしかもハリス切れはありませんでした。合わせるタイミングもあまり考えもせずに合わせられました。喰いのいい時にはこれでやった方がいいというのはわかりましたが、喰いの渋い時にはどうなるのかわかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください