2018年12月30日(日)

午後アジ釣り   アジ22尾、イシモチ2尾、サバ1本

本年釣り納めは午後アジ釣りでした。午前中はよく釣れたようですが、午後は活発な喰いはなかったです。しかし、まだこの時期でも30cm前後の幅広アジが釣れます。水温が低くなってきているので、活発な喰い方はしません。餌をくわえているという感じです。小さなモタレを感じたなら、そっと竿先を持ち上げてやることにより針掛かりします。あくまでそっとです。強く合わせると針掛かりしません。型のいいアジは青イソメを付けたほうが喰いはいいです。

昨日のシロギス釣りはまるでカワハギ釣りのような感じではなかったか、と振り返ってみると実感します。餌が底に着いた瞬間にもう餌を喰っているというような状態だったと思います。今日もよく釣れたようです。

タチウオはこの二日間喰いが渋かったようですが、正月休みで盛り返してくると思います。なぜなら、底引き網線が出漁しないからです。きっと、本牧沖で釣れてくると信じています。

皆さん、本年もこのブログを見ていただいてありがとうございました。また、来年もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください