2018年12月29日(土)

午前シロギス釣り    シロギス30尾

ひさしぶりにシロギス釣りに行きました。ある程度釣ったら、エギでスミイカを狙ってみようと思っていました。風のない穏やかな朝で魚の喰いも活発でした。あまりにもシロギスの喰いがよく、最初のうちは餌ばかり取られていました。仕掛けが底に着いたらすぐに喰っているようで、静かに待っていたらすぐに餌がなくなってしまいます。初めのうちは青イソメを5cmくらいに垂らして付けていましたが、すぐに取られてしまうので餌を2cmほどの長さにしてみたところ、すぐに掛かるようになりました。私の仕掛けは胴つき二本針です。仕掛け投入して底に着いたらすぐに一度聞いてみるといいです。ここですぐに針掛かりすることが多いです。

8時半頃には30尾を超えそうになってきたので、シロギス釣りはやめました。後の処理を考えたら、これくらいにしておかないと大変になってしまいます。それからはエギを取り出してスミイカ釣りを始めました。私には何も掛かることはありませんでしたが、佐久間名人がゴマイカを一杯釣りました。スミイカの影はなかったです。タチウオではなかなか針掛かりさせることはできませんでしたが、シロギスでは問題なく掛かります。ずっとシロギス釣りを続けていたら、70尾くらいまでは行くでしょうね。

胴つき二本針の方が喰いはいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください