2018年12月26日(水)

午前タチウオ釣り   タチウオ2本

今日は自分の下手さを実感しました。前回のタチウオ釣りで針がかりさせる自信がちょっとついたかなと自惚れていました。当たりが小さいので針に掛けるまでの操作を前回で掴んだつもりでいたのですが、今日は前回の操作ではダメでした。その日その日の喰い方が微妙に違っています。その日の喰い方に合わせて釣る方が腕がいいということなのでしょうね。

当たりが小さくてなかなか針掛かりしないので合わせを遅らせると針を喰い千切られるケースが三回、掛かった途中でのハリス切れが二回そして途中でのバレが三回です。針がなくなるくらい呑み込まれているので、針のチモトにチューブを付けた仕掛けに換えると、今度は喰わないのです。ですから、また外掛け結びのチューブなしの仕掛けに換えていまいた。当たりがあって掛からないのは数を忘れてしまうくらいありました。釣る方は8本も9本も釣っているのに。。。

腕の違いはしょうがないです。自分の腕を変えようにも、上州屋でも売っていないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください