2018年8月19日(日)

午前アジ釣り   中乗り

今日もお手伝いで乗っていました。昨日までのアジの喰い方ではなく惨憺たる結果です。お客様は慣れない方が多かったので、少し浅い場所で練習がてら小ぶりのアジを狙おうという船長の判断でした。小ぶりですがアジを皆さん数匹釣ったところで僚船から「喰っている」と連絡が入りすぐに本牧沖に戻りましたが、その時点ではもう喰いは止まっていました。上げ潮はまだ通っている感じはありましたが、表層だけだったのでしょう、期待した喰いはありませんでした。少しの間だけいい思いをした僚船の方は10から15匹程度は釣ったようです。

魚が喰ってくれる時にはいくらでも釣り方のアドバイスはできますが、今日のように渋い時はアドバイスしようがありませんね。

2018年8月18日(土)

午前アジ釣り 中乗り

アジ船二艘出船したうちの一艘に乗っておりました。朝行ってすぐはまとまった喰いはなくポツポツ程度でした。9時半過ぎてから途端に喰い始めて一時は入れ喰い状態になってしまいました。アジの型は大きく35cmから40cm弱がほとんどでした。他に大サバが掛かりましたが、殆どの方はハリス切れです。やっと釣れたのは50cm超え1kgは優に超えたマサバでした。40cmくらいまでなら切られずに取れます。

アジが喰い出して来ても当たらない方は道具が底から持ち上がっていないからです。タルミをとってしっかり仕掛けを持ち上げてからコマセを振らないと釣れません。他の場所でやっているそうですが、「底に着いたらその時点でコマセを振り、リール二巻きほどしてまたコマセを振るそれからリールを二回巻いてコマセを振る。。。」。このような釣り方は本牧沖では通用しません。この釣り方は底が何の変化もない場所で比較的小さいアジを釣る時に行う釣り方です。この方法を本牧沖でやると、すぐに根掛かりするかカサゴが喰ってしまいます。

底には大きな石がゴロゴロしている場所で釣りをしているのだということをよく頭に入れておいて下さい。底からチョロチョロコマセを撒いて誘ってくるような方法では大きなアジは釣れません。しっかりと仕掛けを2m持ち上げておいて、それから濃いコマセを撒くことを心掛けて下さい。

大きなサバや40cm超のアジを狙う方は上質なハリスと生ゴムのクッションゴムを使用すべきです。また、長いハリスは逆に喰いはよくありません。コマセの煙幕の中に針をおくと考えたら、長いのがよくないのは理解できるでしょう。

クッションゴムの話は次回に・・・

2018年8月17日(金)

午前アジ釣り    アジ32尾(最大37cm)、サバ3本

水曜日、木曜日とあまり釣果が出ていないようなので、ちょっと気掛かりでしたが、行って見ました。昨日までの南風の強風とはガラリと変わって北風がかなり強かったです。釣りをしている時には船は風に向けるので、朝のうちの上げ潮時では風と潮が正反対でしたので波も立つのです。ですから、タナを取るのがかなり難しかったです。風が強くて波もあるので船がじっとしていなくて、慣れない方にはタナを取るのが難しかったです。

ですが、魚の喰いはものすごくしっかりとタナが取れていればすぐに当たりはありました。しかも、魚の型は大きかったです。私は最初の30、40分は慣れない方たちの面倒を見ていたので自分の道具は下ろしていません。上げ潮が止まって下げ潮になってからはメチャメチャな喰いでは無くなりましたが、当たりは途切れませんでした。

この週末は強い風も収まりそうなので、アジ釣りには絶好ですね。

潮と風が逆の時にはしっかりと底ダチを取ることが重要です。底に着いてもしっかりとタルミを取らなければ、ビシオモリは底から離れません。いい加減なところでコマセを振ってもビシオモリが底から離れていなければコマセを撒く意味がありません。オモリが底に着いてもすぐにタナ取りの為にリールを巻くのではなく、まずしっかりとタルミを取ることが大切です。それからタナ取りのためのリールを巻く操作です。また、一度タナを取ったからといって、そのままただ待っているだけではダメです。一振りで喰ってくれればいいのですが、次にコマセを振ろうとする時には一度底まで仕掛けを下ろしてタナを取り直してからコマセを撒くようにしましょう。

あと少しで外れそうです。

2018年8月14日(火)

午前アジ船 中乗り

今日は南風がそよそよ吹いていてそれほど暑さは感じませんでした。朝行ってすぐには思ったような喰いはなかったです。あちこち転々としましたが、続けて喰うような威勢はありませんでした。9時半過ぎてから釣れ出しました。しかも型の大きいアジが多かったです。一時はビシが下から持ち上がってさえしていれば喰って来ていました。

2018年8月12日(日)

午前アジ釣り 中乗り

今日もアジ船の中乗りで船に乗っていました。朝方、猛烈な雷雨があってちょっと心配しましたが、問題ありませんでした。

アジ釣りのほうは朝行ってすぐに釣れて、一時間ほどでもういいよという感じでした。底に下ろしてタナを取ってコマセを振ろうとするときにはもう掛かっておりました。一体、どのくらいアジが回遊しているかわからないくらいの勢いでした。しかし、今日みたいな日は珍しいのではないでしょうか?ロクにコマセも振らないうちにもう喰ってしまうとテクニックも何もあったものではないですね。

午前中は曇っていて、微かに日差しが差す程度でした。風もないので蒸す感じですね。どちらにしても飲み物は沢山持って行って下さい。

2018年8月11日(土)

午前アジ釣り 中乗り

お手伝いで乗ってました。朝のうちはポツリポツリの釣りでしたが、9時過ぎてからは入れ喰い状態になりました。但し、仕掛けが底から2mほどは持ち上がっていないと喰いません。底近くでコマセを振っている方には当たりは出ていませんでした。釣れてくるアジは30cm前後の型の良いアジが多かったです。

バリバリ釣れているときにできるだけ早く仕掛けを投入したいと考えているのは誰でも同じです。ですが、ハリスがオモリ・天秤などに絡んでしまっていてはアジは喰いません。仕掛けの投入時に絡んでしまえば、底の方へ行っても絡みが取れることはありません。長いハリスの上にオモリを乗せてしまわないように十分気を付けて投入してください。

2018年8月10日(金)

午前アジ釣り   アジ20尾

台風一過後の釣りでした。シケの後なので喰うかどうかわかりませんでしたが、そんな不安はすぐに吹き飛びました。仕掛けを入れたらすぐにアジが喰って来たからです。もっとも、私自身は慣れない方の面倒を見ていたので釣りしていませんが。。。釣れて来たアジの型はみなよかったです。

朝のうちの下げ潮はかなり速かったです。仕掛けはまっすぐに落ちていきませんので注意が必要です。下に着いてすぐにタナを取ろうとしてもすぐには取れません。タルミをしっかりと取らないとビシが下から持ち上がりません。ビシが底から持ち上がっていないうちにコマセを振っても意味がありません。

暑いので、飲み物の準備を忘れずに!

2018年8月4日(土)

午前アジ船 中乗り

お手伝いで乗って行きました。今日は幾分風があったので、船の上はそれほど暑くはなかったです。

慣れない方達にまず第一に教えることは仕掛けの投入時の注意点です。仕掛けが2mほどあるので無造作に仕掛けの上に重りを落とすとそこで絡まってしまいます。仕掛けが重りなどに絡まないようによく注意して投入してください。

仕掛けが底に着いたら、素早くタルミを取ります。ここでのんびりとしていると重りが底に着いたままになっており、根掛かりしたり重りが底の石に引っ掛かってしまったりします。素早くタルミを取って底から持ち上げてください。コマセを振る時には強く振り濃いコマセの煙幕を作ろうとします。チョロチョロ出していては自分の仕掛けに喰ってきません。

少し慣れた方で金沢八景の方でアジ釣りをしている方に多いのが、底に着いてすぐにコマセを振りリールを二巻きほどして小さくコマセを振りまたリールを二巻きほどするような釣り方している人をよく見受けます。今日みたいな何をしていても魚が喰ってしまうような時には釣れますが、そうでない時には釣れません。底に着いたら素早くタルミを取ってすぐに2mほど持ち上げるようにしないとアジは喰ってくれません。底でコマセを振っているのでカサゴがすぐに喰ってしまうか根掛かりしてしまいます。こういう釣り方は底が平坦なところで釣るやり方です。本牧沖では通用しません。岩礁地帯で釣りをしているということをよく頭に入れておいてください。また、大きなアジやサバは底が平坦なところでは生息していません。

仕掛けを自作なさっている方に多いのがハリスを長くしていることです。長くしたほうがアジの喰いがいいと誤解している人が多いです。逆にハリスを長くすると喰いは悪くなります。なぜなら、このビシ釣りはコマセの釣りです。コマセに近い方が喰いがいいのは当たり前です。ハリスは長くても2mです。それ以上長くしても意味がありません。通常の2m前後の二本針仕掛けでは上の針の方が断然喰いはいいです。大きいアジを釣ろうとするなら、ハリスは長い方がいいのだと勘違いしている方が多いです。40cm以上の特大アジにしてもそうです。底から2mくらい上げたところで濃いコマセの煙幕を作り、その煙幕の中に自分の仕掛けの針が入るように操作してやれば、すぐに当たりがあります。強くコマセを振る操作(一回に2度ほど竿を振るとして)をして濃いコマセを作ってもその煙幕の効果は20秒から30秒で薄れてしまいます。ここまで待って当たりがなければ、また2度ほど竿を振る操作を行います。それでまた2、30秒ほど待ちます。待っている間はやたら竿を振ってコマセを無駄に出すようなことはしません。強くコマセを振る操作を3回ほどしても当たりがなければ、上げてコマセを詰め替えます。上げて見てもしコマセが残って入れば、それはあなたのコマセの巻き方が弱いからです。

船長の指示で下から3mと言われたなら、まず下から2m持ち上げコマセを振りそれから1m持ち上げる意味は自分の仕掛けをコマセの煙幕の中に入れてあげるということなのです。

今日釣れていたアジはほとんどが30cmから35cmのアジです。時折50cm超のサバや40cm超のアジが喰っていたようですが、ほとんどの方が切られていました。

2018年8月3日(金)

午前タチウオ釣り   タチウオ17本、大アジ1尾

朝から当たりはあるもののなかなか掛けられず、イライラしました。他の方は釣っているのですから、自分の腕が悪いということですね。10時頃まで7本でしたが、潮がちょっと効いてきたのかどんどん掛かるようになってきました。不思議なものですね。私の釣り方は潮が効いているときに合っているのか、11時前に納竿するまで10本釣りました。こういう時は合わせ損ないやバラしのロスがないのです。60mから50mくらいのタナで当たりました。電動でもいいし、手巻きでも大丈夫ですね。こんな釣りにタラレバはないのですが、潮の動いていない時の釣り方をもう少し進歩させれば、30本以上になっているのでしょうね。そこが面白いのだと思います。

2018年8月2日(木)

クッションゴム

昨日のアジ釣りで活躍したクッションゴムです。帰ってきた後に真水で洗って陰干ししておきました。しかし、所々傷が付いています。引っ張ってもまだ十分に使えそうですが、新しいのに換えることにします。ゴムも少しペタペタしてます。一度使った仕掛けは色々な箇所に傷があったり針の返しが取れていたりして使えません。十分に水洗いしてもです。このクッションゴムも同じだと思います。消耗品です。このクッションゴムは一瞬の強い引きに対して瞬時に伸びて反応します。ウレタン製のクッションではこうは行きません。