2017年4月22日(土)

ササラ

アジの開きを作る時、内臓や血合を取り除くのに最適です。柔らかすぎると落ちないし、強すぎると身肉部分までボロボロにしてしまいます。竹のヒゴで作ったササラがこの条件に一番適していると思います。

以前にも希望される皆さんにお分けいたしました。ヒゴを束ねている結束部分にだけ水性ウレタンニスを塗布してあります。この塗料は環境対応塗料で食品衛生法にも適合しています。先端部分も含めた他の部分には一切塗料や薬品は塗布してありません。当面、打木屋店頭に置かせてもらいます。今回は有料とさせていただきます。価格は400円です。打木屋にアジ釣りに来たついでに一本どうですか?開き作りが楽しくなりますよ。

カテゴリー: 料理 | コメントする

2017年4月21日(金)

午前アジ釣り    アジ43尾

友達からアジの開きの注文を受けていたので行ってきました。晴れ間は出ませんでしたが、風もなく釣りやすい日でした。アジの喰いはすごぶる順調でよく釣れました。小ぶりのアジも針に掛かりましたが、海にお帰りいただきました。時折、30cmクラスが掛かると、かなりの引きです。

私は今日青イソメを持って行きませんでしたが、青イソメを使っていた佐久間名人は30cm以上の良型を連発しておりました。ちょっと水が濁っているので、青イソメは有効だと思います。それにクッションゴムも。。

カテゴリー: アジ | コメントする

2017年4月17日(月)

午前アジ釣り   アジ20尾、カサゴ3尾

いい凪で釣りができました。全く風がなく釣りやすかったのですが、潮の流れもあまりなくアジの喰いは活発ではなかったです。しばらくして、下げ潮が効いてくると釣れ始めました。最初のうちは中アジのいい型のが釣れてきていましたが、コマセが効いてくると小ぶりのアジがめちゃくちゃになってきてしまいました。

今日釣ったアジは小ぶりのアジを海に戻したので、数はそれほどではありません。先週の土曜日のシロギス釣りのように風が強くて難儀したことを思えば、今日のような凪はそれだけでいいですね。のんびりと釣りをしている気分に浸れます。

お隣りで釣っておられた竹本さんが突然大物を掛けて、慎重に取り込みをした結果、大きなエイだったです。これがヒラメだったらねーと残念がっておりました。先週、1kgくらいのマダイが上がったそうですから。。。

カテゴリー: アジ | コメントする

2017年4月15日(土)

午前シロギス釣り    シロギス17尾、カサゴ4尾

今日は南風がかなりありました。船長の話では、中の瀬に行けないので富岡・小柴方面に行くと言っておりました。現場では風も波もあり、釣りにくかったです。10時頃に杉田沖へ戻ってきてから、ちょっといい喰いになりました。それまでは5尾だったので、ここで1時間足らずの間に12尾追加しました。シロギスの型はいいのばかりで、ピンギスはいません。

こういう条件の悪い時には釣り道具の性能がもの言います。道糸にしても1号と2号では大違いです。風に吹かれて、おまけに潮が狂ってしまっていて深さ20mくらいの場所で少し投げて釣っていると15号のオモリでも底に着いたのさえわからなくなってしまいます。シロギス釣りの仕掛けは大別すると2種類あります。天秤仕掛けと胴付き仕掛けです。昔からあるのが天秤仕掛けです。私は胴付き仕掛け愛用者です。如何してかと言うと、胴付き仕掛けはオマツリしないのです。

凪ぎで中ノ瀬のシロギス釣りをやりたいものです。

 

カテゴリー: シロギス | コメントする

2017年4月12日(水)

午前アジ釣り       アジ37尾(最大36cm)、イシモチ1尾

昨日夜の予報では、今日は晴れるものの北西の風が強くなるというようなことを言っていました。その時点ではやめようかと思っていました。朝起きて外を見ると、凪の感じでしたので慌てて出てきました。釣り場は全くの凪で、魚も朝のうちは入れ喰い状態でした。小ぶりが邪魔してくるようになると、小ぶりばかりになってしまいますね。

大中小の混じりで釣れてきます。何とか大きいのをといろいろやっていますが、決定的な方策はないです。赤タンを大きくしても、小ぶりが回遊しているときには赤タンが大きかろうが小さかろうが喰ってきます。

30cmを超えるとかなりの引きです。クッションゴムがないとちょっと怖いです。

天然ゴムを使ったクッションゴムを作りました。打木屋店頭に置いてあります。

カテゴリー: アジ | コメントする

2017年4月10日(月)

一つテンヤマダイ        またボーズ

今日の朝のうちは北東の風が強くて釣りにくかったです。でも、徐々に凪てきました。私に当たりがあったのは午前中タイラバで1回、午後は一つテンヤで2回ほどありましたが、針に掛かったのは一つテンヤの時の1回のみ。でも、やりとりする前に外れてしまいました。タイラバでの当たりは3回ほどキュンキュンと引っ張るような感じでした。釣った松本さんに聞くと、そのあと引き込んでいくそうです。私のはそこまでいきませんでした。

タイ釣りはボーズが続いています。他の方はタイラバで釣っているので、タイラバの方に本腰を入れなければいけませんね。今日2キロのタイをラバージグで釣った田代さんはジグに丸久のパワーイソメ桜を付けていたそうです。何も付けないより効果はあるとおっしゃっていました。

今日釣った2枚はいずれもタイラバで。

カテゴリー: マダイ | コメントする

2017年4月8日(土)

午前アジ釣り中乗り

アジ釣りに行きましたが、お客様が多いので急遽中乗りになってしまいました。霧雨が降っていましたが、風はなく釣りやすい日でした。

魚の喰いは良く、慣れた方で50尾以上は行ったと思います。魚の型は大中小の混じりです。小さいのはいらないと思う方は赤タンを3つくらい付けてやると小ぶりは喰いません。

皆さんが釣っているのに自分には釣れない方は今一度コマセの効果はどうなのかを考えてみると良いでしょう。アジ釣りはコマセの釣りです。コマセを有効に撒くことにより、自分の仕掛けに針が喰ってきます。コマセの煙幕を作って、その煙幕の中に自分の針を入れてやるということをイメージしてやるとわかりやすいと思います。

この釣りはアグレッシブな釣りです。当たりがあるのをじっと待っている釣りではありません。だからと言って、やたらにコマセを撒いていては魚は釣れません。1m未満の幅で濃くコマセの煙幕を作ってやるというイメージです。小さなコマセカゴですから、やたらと撒いているとすぐにコマセが無くなってしまいます。

カテゴリー: アジ | コメントする

2017年4月5日(水)

潮時表のグラフ

このグラフは今日の横浜新山下の潮位の変化を表したものです。朝の6時過ぎが干潮でそれから上げ潮に掛かります。6時から11時の満潮まで大した潮位の変化は見られません。これは上げ潮が大して効かないということです。逆に午後の下げ潮は潮位の変化が大きくなっています。下げ潮は効くということです。潮の効き具合は昼と夜とで違ってきます。これから日が長くなってくると日中は小潮でも潮が効きます。反対に夜はあまり潮が効きません。午前0時過ぎの満潮からの下げ潮が夜なのであまり効かないため、朝6時過ぎの上げ潮も効かないのです。冬場はこれが逆になります。小潮でも朝の上げ潮はすごく効くのです。

カテゴリー: アジ | コメントする

2017年4月4日(火)

午前アジ釣り  アジ38尾(最大35cm)

昨日行くつもりが寝坊して今日になりました。風はそれほどなかったのですが、そこそこ波がありました。アジの悔いは良かったです。しかし、あまりにもアジの喰いが良すぎて小ぶりが先に喰ってきてしまいました。

下げ潮になって場所替えしてからは型のいいのが喰ってきました。潮がそれほど流れないせいか、喰い方が活発まで行かず途中でのバラシが多かったです。小ぶりならいいですが、かなりの引き込みをしていたアジがバレると悔しいです。

大きいのにはクッションゴムを使った方がいいです。

 

カテゴリー: アジ | コメントする

2017年4月1日(土)

クッションゴム

このところ、急に大きな魚が釣れてきています。本牧沖で35cm以上のアジが喰うとすごい引きです。50m〜60mの水深のある観音崎沖と比べると、同じ大きさの魚でも引きの強さが違います。クッションゴムをつけていないと切られることがあるかもしれません。

打木屋店頭で販売しています。300円です。

シーガーエース使用のアジ仕掛け1.5号針9号に加えて、1.75号針10号も販売しています。双方とも2セット400円です。枝針部分に編み込みを実施しています。

カテゴリー: 仕掛け・道具 | コメントする