2018年1月19日(金)

午前アジ釣り   アジ23尾、カサゴ1尾

一週間ぶりの釣りです。朝のうちは喰いが悪かったです。水曜日は喰い渋ったそうですから、喰いが立ってくるのかちょっと不安でした。喰いだしたのは釣り始めて1時間ほど経った頃です。喰いだしてくるとバタバタと当たりがありました。ただ、秋口のような活発な喰い方はしません。コマセを撒いた後、しばらくしてから竿先に小さな当たりが出ます。この小さな当たりがあったら、静かに竿先を持ち上げてやると針掛かりします。放っておいても掛かりますが、バレてしまうことが多いです。アジが餌をくわえた時に静かに竿先を持ち上げると針がまっすぐに立ちます。これによって針がアジの上あごに刺さります。アジの口で硬いところは上あごだけです。こうすれば、バレが少ないです。アジの喰い方が活発な時にはこういう操作はしても無駄です。この時期だけは餌の喰い方が静かなので、逆にこうした合わせができるのです。

今日は私には黒鯛の当たりはありませんでしたが、同船者の方が1.5キロくらいの黒鯛を釣っていました。今日私は青イソメを使いませんでしたが、使っている方のほうがアジを釣っていました。潮は以前と比べるとちょっと濁っています。船長の話では本牧沖では魚探によるアジの反応があちこちに見られるそうです。ただし、反応があっても口を使ってくれるかどうかは仕掛けを下さなければわからないということです。東京湾では西風の強い時には魚の喰いが悪いというのが通説です。理由はよくわかりませんが、水温が下がるのではないかと思います。

カテゴリー: アジ | コメントする

2018年1月12日(金)

午前アジ釣り   アジ28尾(最大38cm)、黒鯛1枚(1.5kg)

アジ釣りに行ったのはかなり久しぶりでした。朝のうちは寒かったですが、日が上がってきてから徐々に暖かくなってきました。魚の喰いも同じで朝の早いうちは喰いは悪かったです。一つの場所でちょっと釣れると喰いが遠のき、場所を替えるとまた喰いが立つような感じでした。しかし、9時過ぎてからは同じ場所でかなり長い間喰うようになりました。魚の型もまちまちで30cm以上のいい型のアジがかなり入りました。コマセをしっかりと振ってやらないとなかなか喰ってきません。アジも秋口のような活発な喰い方はせず、居喰いしていることが多いです。餌をくわえているだけです。この時にそっと竿を持ち上げてやると針掛かりします。うまく針に掛けることができれば、針は上あごに入りますので、意外とバレは少ないです。竿は少し柔らかめのほうがいいと思います。今日はハリス1.2号にクッションゴムを付けて釣りました。黒鯛も取れましたし、大きなアジにも耐えられました。安物のハリスはダメです。私はシーガーエースを使っています。隣で大サバを釣っておられる方がおりました。私も大サバが欲しかったですが、私の針には掛かりませんでした。今日は30cm以上のアジがかなり入りとても面白い釣りをしました。この時期に本牧沖で釣れるだけでも嬉しいですね。

アジも黒鯛もはち切れんばかりに太っています。佐久間名人の釣った黒鯛は私のより大きい2kgでした。

カテゴリー: アジ | コメントする

2018年1月8日(月)

シロギスのバター焼き

6日の土曜日に釣ったシロギスをバター焼きにしてみました。この時期のシロギスは非常に脂がのっていて、10匹くらい作ってもすぐに食べつくしてしまいます。私はレモンの絞り汁を掛けますが、そのまま食べてもいいです。皮の方をちょっとカリッとするくらい焦がした方が美味しいです。

タチウオ釣りのような豪快な引きはありませんが、繊細な当たりを逃さずに針掛かりさせる面白さはこれまた何とも言えません。

カテゴリー: 料理 | コメントする

2018年1月7日(日)

午前タチウオ釣り

今日は朝のうち北風が強くて非常に釣りにくかったです。3回ほど当たりがありましたが、私の腕では針掛かりさせることはできず、とうとうボーズになってしまいました。船中で5本でした。11時近くになってやっと凪て来ましたが、もう帰りの時間でした。もうちょっと凪で釣りができればと思いましたが、天気のことですからどうしようもありません。シロギス船も波が高くていい釣りができなかったそうです。昨日みたいな凪なら良かったのですが。。。。

このところ私の使っている電動リール ダイワのシーボーグ300MJの調子が悪くて急いでメンテナンスをしました。中を開けてみたら汚れがひどく、ボールベアリングのいくつかは錆び付いて動かなくなっていました。リールの上げ下げ時にシャリシャリと音がしていました。多分、動かないベアリングが悲鳴をあげていたのでしょう。まだ、届いていない部品もあるのですが、暫定的に直して使ってみたところ異音は消えていました。

人様のリールは直すのですが、自分のリールはついほったらかしにしてしまっていました。時々はオーバーホールしなければいけませんね。手巻きでも電動でもハンドルが付いているサイドはメカニカルなリンケージがあります。こちら側だけでも汚れをクリーンアップして適切な箇所にグリスアップすれば、リールの寿命は伸びます。但し、なんでもかんでもグリスを塗りたくっていればいいというわけではありません。ドラッグの部分に通常のグリスを塗ったりしたら逆効果です。グリスだけでも3種類は使い分けなければならないのです。それにグリスを塗る前に汚れといらない油脂成分をパーツクリーナーですっかり落としてからでなければクリーンアップになりません。結構面倒です。

メインシャフトのゴム製のOリングが捻じ切れてなくなっています。この部品は取り寄せ注文していますが、まだ届いていません。今日は無理やり無しで使ってしまいました。

カテゴリー: タチウオ | コメントする

2018年1月6日(土)

午前シロギス釣り    シロギス43尾、イシモチ2尾

今日は風もなく穏やかな日でした。朝のうちはあまり当たりはありませんでしたが、しばらくすると釣れて来ました。喰いだしてくると、仕掛けが底に着いたらすぐに喰ってくるという感じでした。仕掛けを少し遠くへ投げるので、胴付き仕掛けの方が絡みが少ないですね。この時期ではじっとして待つよりも餌を少し動かすようにすると喰いが立ちます。しかし、オモリは動かさないで糸を張ったり緩めたりするだけでいいです。餌の青イソメがほんのちょっと動けばいいのですから。逆にオモリをズルズルと引きずるようにするとあまり喰いはよくありません。10秒に1回くらい仕掛けを移動させるような気持ちで竿を持ち上げて見ることが大事です。この時にシロギスが餌をくわえていれば、ここで針掛かりします。いわゆる聞き合わせです。ですから、竿は柔らかいのは不向きです。穂持ちのしっかりとした73調子の竿がいいですね。餌の青イソメは頭の硬い部分を必ず付けておくことが大事です。尻尾のクネクネした部分は喰いはいいですが、知らないうちにアッという間に餌を取られてしまいます。頭の部分が付いていれば、すぐには取れないので針に掛かる確率が高いです。今のこの時期は脂が乗っていてとても美味しいです。

煙突からの煙がほとんど真っ直ぐ上に上がっています。いわゆる、べた凪。

カテゴリー: シロギス | コメントする

2018年1月4日(木)

午前タチウオ釣り   タチウオ2本

新年早々なかなかいい釣果になりません。自分の釣果は大したことありませんが、他の方はかなりいい釣果になっています。今日は船中10人ほどで5本前後の方が多かったです。この私の竿にも15回くらいは当たりがありましたので5本前後釣っていてもおかしくないです。どういうわけかうまく掛けられません。掛けた魚で途中でバレたのが3本、切れたことはありませんでしたが。。。ガッチリ合わせているつもりなのですが。。。皆さんが釣っている魚は大きいので、途中でバレてしまうのは痛いですね。

カテゴリー: タチウオ | コメントする

2018年1月2日(火)

午前タチウオ釣り   タチウオ3本

皆様、新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。新年早々やらかしました。15回ほど当たりがあったのにこのていたらくです。ハリス切れ3回、途中でバレたのが4回でした。あとは針掛かりさせられずでした。朝の本牧沖では船中3本でした。走水前に行ってから下げ潮が止まるまでポロポツ釣れていました。佐久間名人は大きいのばかり8本取ってました。腕の差を見せつけられました。反省点としてはシャクリ上げを静かにしたほうが喰いが良かったような気がします。大きく動かしているとなかなか当たらないような気がしました。それでいて喰うとなると喰い方が早いのです。最初に2本ほどハリス切れしたので、合わせを早くしたのがいけなかったのでしょうか? 隣で佐久間名人がバカスカ釣るものですから、焦ってしまいました。本牧神社に行ってお祓いをしてもらわなくてはいけませんね。

今日は釣った3本は皆大きかったです。せめて5本は釣りたかったです。それにしても、新年早々からボーズだけは免れたので良しとしなければいけませんね。喰いがいいだろうということで外掛け結びで針を結んでパイプも付けなかったですが、何かしら補強をしたほうがいいのかもしれません。魚が大きいので呑まれたら一発で切られます。

新年早々強烈な引きを堪能しました。

カテゴリー: タチウオ | コメントする

2017年12月26日(火)

午前タチウオ釣り  タチウオ3本

朝の本牧沖では私には当たりませんでしたが、他の方は釣っている方もいました。余計には当たりませんが、型は大きかったです。少ししてから走水前に行きました。一投目から当たりましたがうまく針掛かりさせられず。大きくシャクルと喰いが悪いような気がしました。静かに誘うと当たりますが、なかなか合わせのタイミングを掴めません。なんとか3本釣りました。3本とも指4.5から5本くらいの大型ばかりです。最後の釣った1本は合わせた瞬間に海に引きずり込まれそうになるくらいの引きでした。いつもドラッグは硬く閉めておいていますが、今度からは少し緩めておかなければいけないと反省しました。なかなか針掛かりしないのでゆっくり喰わせていると、今度は呑み込まれてハリス切れになってしまいます。タチウオ釣りは難しいです。でも、面白いですね。佐久間名人はキビナゴを買ってきて、それで5本釣っていました。大きいのばかりです。

カテゴリー: タチウオ | コメントする

2017年12月24日(日)

午前タチウオ釣り   タチウオ2本

朝の本牧沖はポツポツと当たりました。入れ喰い状態にはならなかったので走水前まで走りました。たくさんの船が寄り集まっていましたが釣れるほどにはなりませんでした。当たりはあるものの針掛かりはしない渋い喰い方でした。いつまでいてもしようがないと船長は判断したのでしょう、再度本牧沖へ戻りました。この時でもう10時。ここで当たりが出始めて釣る人で5本、私は2本釣りました。喰うと魚は大きいです。それに走水沖のような渋い喰いではなく、いきなり竿を絞り込んでいくような当たりでした。いきなり竿を絞り込んでいくような当たりなので、針を飲み込んでしまい切られるケースがありました。こういう時にはビニールパイプはつけていた方がいいのかなと思いました。

カテゴリー: タチウオ | コメントする

2017年12月23日(土)

午前シロギス釣り  シロギス41尾

朝のうちはちょっと喰いが渋かったですが、日が上がるにつれ釣れるようになってきました。9時頃になってから俄然喰いがよくなってきました。この時期になってもまだ浅いところで釣れています。少しだけでいいですから、仕掛けを投げるようにすると広い範囲を探れるます。せいぜい15mか20mくらいです。仕掛けをどれにするかは迷うところですが、胴付き仕掛けが絡みが少なくていいと思います。ハリスは少なくとも40cmくらいは取った方が喰いはいいです。

カテゴリー: シロギス | コメントする