2019年3月24日(日)

午前シロギス釣り   シロギス20尾、マコガレイ1枚(35cm)

朝のうちは寒かったですが、すぐに暖かくなりました。シロギスの喰いはそれほど活発ではなかったです。仕掛けを少し遠くへ投げて広く探るようにしてやると当たりが出ました。それと仕掛けを動かさないで止めておく時間をちょっと長くしてやったほうが当たりは出ました。アカクラゲがくっついてくるぐらいですから少しずつは水温が上がってはいますが、まだまだです。仕掛けを動かさないと言っても、餌だけはちょっと動くような操作をしてやると喰いつきは良くなります。重りは動かさないようにして、道糸をツンツンを軽く張ってやるだけで餌は十分に動きます。そばにいるであろうシロギスが餌を喰いついてくれさえすればいいのです。20尾のうち上の針に5尾、少しは活性が出ているようです。

今日は思いがけずマコガレイが釣れました。仕掛けをちょっとだけ長く置いておいたからなのかどうかはわかりません。厚みもかなりありましたので、食べたら美味しそうです。刺身がいいのかな。。。

2019年3月22日(金)

タイラバ船     タチウオ1本

久しぶりのタイラバ船でしたが、ボーズでした。私はタチウオ1本のみ。2キロ近いタイを釣っている方もいました。お友達の松本さんはしっかり1枚釣っています。タイの当たりはあまりなかったですが、いろいろな魚が上がりました。タチウオ、ホウボウそれに大サバ・大アジなど2キロ近いサワラも上がっていました。魚が何なのかはわかりませんが、当たりはかなりありました。でも、掛からないのです。

2019年3月19日(火)

午前アジ釣り    アジ23尾

やっと暖かくなってきましたね。海の方はとっくに春になっていると思われます。本牧沖堤で待望の30cm前後のあじが釣れ始めました。ベイブリッジ近辺で釣れていたアジとは大きさが違います。冬場のゆっくりとしたアジの喰い方ではありません。

春先にしてはアジも幅広が多かったです。アジの喰いが激しいので、少し前に言っていたような、そっと竿先を持ち上げるような操作はもう無意味になってます。青イソメを付けていた方が大きいのの喰いは良かったです。

2019年3月17日(日)

リールのトラブル

昨日、孫を連れての午後アジ釣りに行った際、リールの道糸をレベルワインダーのクロスギアの溝に巻き込んでしまいました。現場では取ることができず、道糸を切り家に持ち帰りました。

簡単に取れると思ったのが大間違いで、結局クロスギア軸を取り外さなければいけない様になってしまいました。クロスギア軸に巻き込んだ道糸が取り外しきれずに残っており、溝に糸が残っていました。

こういうことにならないよう、皆さん気を付けてください。仕掛けを下ろす際、クラッチだけを切るとスプールが回転を始めます。このとき、急に回転を始めたものですからスプールが急回転してバックラッシュしてしまったのです。運が悪いと弛んでしまった道糸がクロスギア軸に入り込んでしまうのです。必ずスプールを親指で押さえておいてから、クラッチを外すようにしてください。そして、回転を始めたスプールを親指で軽く抑えるようにしておけば、バックラッシュは起きません。

2019年3月16日(土)

午後アジ釣り    アジ28尾

孫を連れての釣りでしたので、午後船にしました。午前アジ船に乗ろうと思っていましたが、前日の予報が悪かったので午後船にしたのですが、午前も午後も凪で雨も降りませんでした。

港内の釣りです。すぐに喰いが立ちました。釣り初めの頃は型が大きかったですが、バタバタ釣れ始めると型が小さくなりました。28尾は小さいのを放流した後の数字です。

2019年3月12日(火)

午前アジ釣り   アジ22尾、イシモチ7尾

朝行ってすぐには当たりはありませんでした。下げ潮が出始めると当たりが出てきました。しかも、型が大きくなりました。

今日は風もなく、日が差して暖かい午前でした。海水ももう冷たいという感じは無くなっています。もう春ですね。ただ、花粉症の私にはちょっと辛いです。

港内を釣りましたが、喰いが良くなってくるとかなり大きいのも混じってきます。アジに混じってイシモチもかなり当たります。今日は小さいのはすべて海にお帰りいただきました。本牧沖堤の方で間もなく釣れてくると思います。地上の春の到来よりも海の方が早く到来します。

2019年3月10日(日)

午前シロギス釣り   シロギス22尾

朝行ってすぐには喰わなかったです。しばらくして、下げ潮が動き出してからポツポツと当たるようになってきました。しかし、喰い自体は渋かったです。仕掛けさえ入れておけば飲み込んでしまうというような喰いでは決してありませんでした。まだ、ちょっと水温が低いからでしょうか、なかなか飛びついてくるような感じではありません。重りを動かさないでいて、次に仕掛けを動かす間隔をいつもよりちょっと間を持たせて聞き合わせをしていました。ちょっと前までは胴付き仕掛けの上の針に喰いつくことはほとんどありませんでしたが、今日は7匹ほどは上の針に掛かってきました。勿論仕掛けを沖目に投げて道糸が斜めになっているときですけど。。。

胴付き仕掛けでは重りをコヅクような操作はしません。青イソメが元気にクネクネしているように操作してやるだけです。そのためには道糸を軽く張るような操作をしてやるだけで十分です。重りを動かさずに軽く糸をツンツンと張るような感じです。針に付いているエサがちょっとでも動いていればいいのです。エサを過度に動かしすぎると逆効果になります。エサの周りにいるであろうシロギスが喰いつく気になるような動きだけ演出してやればいいのです。昨日は30cmくらいのマコガレイが釣れたそうです。もしかしたらと期待していましたが、今日は当たりませんでした。

2019年3月9日(土)

午前アジ釣り  中乗り

今年初めて中乗りを頼まれました。朝、日が出る前は少し寒かったですが、すぐに暖かくなってきました。場所はすぐ近くの横浜港です。ベイブリッジを見ながらの釣りです。こんな近くでと思うかもしれませんが、海水温が低い今では最も釣れている場所です。東京や川崎はたまた金沢八景のアジ釣り船も来ています。他では釣れないからです。久里浜近辺で釣れてはいますが、場所が深いのと釣れるアジが黒アジ中心なのでどうでしょうか?

さて、今日の喰いはどうでしょうか?と心配しましたが、すぐに喰ってきました。釣れてくると魚の型が大きくなります。25cmから30cmクラスも入ります。ここは本牧沖堤での釣りのように岩礁地帯ではありません。コマセを撒いて散らばっているアジを寄せて釣る釣り方です。ですから、しっかりとコマセを撒くことが大事です。それにタナがやや低めです。船長の指示棚は底から2mないし2.5mです。

朝からいい喰いをして、9時頃にはほとんどの方が20尾以上でした。放流するような可愛いアジは殆ど混じりませんでした。

海水温がまだ低いので港内で釣りしてますが、午後に吹いているような南風になってくると、深いところにいるアジがどんどん上がってきます。落ちないで止まっていたアジと合流して本牧沖で釣れてくるようになるでしょう。

2019年3月6日(水)

午前アジ釣り  アジ45尾

マダイ船は人数が集まらなかったのでアジ船に乗って行きました。ベイブリッジ下を釣っていました。魚が群れてきて釣れだすと、型が大きくなりました。

私はハリス1.5号で針9号の二本針で釣っていました。今日の場合は赤タンだけでも喰いは変わらなかったです。魚のエサの喰い方だけみても、水温が少し上がってきたなと感じます。

お友達の横井さんです。

2019年3月2日(土)

午前シロギス釣り   シロギス23尾

朝のうちは風と波があって釣りにくかったです。日が上るに従って風もおさまってきました。シロギスのあたりも朝のうちはちょっと渋かったです。そのうち、上げ潮になると喰いが出てきました。慣れた方は30尾近く釣っていた方もいました。

10時過ぎに20尾を超えたので、エギ釣りを始めてみました。でも、こちらのほうは何も掛かりませんでした。

朝のうちはまだ寒いなと感じますが、日が上がってくるとどんどん暖かくなってきますね。もう春だなと感じますが、今度は花粉が飛び始めてクシャミが出てきました。